「R」 あ~る指定。

長渕と共に おはようからオヤスミまで暮らしをみつめてきましたが、只今休止中です

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サクラ~生き様

各地で桜がちらほら咲き始めたようです。
花見だよ~っ、酒盛りだよ~っ  ぐびっ ヽ(・∀・)ノ  

だけど、桜 の美しさってぇのは、実は満開よりも はらはらと風に舞って 
散ってゆく、アレだと思うんですよねぇ。 
じっと春を待ち、つぼみが膨らんで、一斉に咲き乱れ、 
そして潔く散ってゆくあの姿・・・・いいです。  

日本人の心ってやつですかね。大和魂ですね。 
あの姿に、人生の儚さとかをオ ーバーラップさせちゃったりするんだよね。
物悲しさですね。 無常観ですね。 
あの桜の 生き様に 日本人は魅了されるんだな・・・。

 

と、生き様つながりで、 女の生き様 について考えてみる。(無理やりだなっ) 
どんな生き様がかっこいいのか。
(かっこいい必要があるのかも疑問だけど)
 
とりあえずはコウモリ野郎 的な生き方はいやだな。 
そして男に媚びを売って生きるってのも遠慮したい。 
*** 当方、あいにくお売りする媚は持ち合わせておりませんもので。
 
だけど、現実にこの世をうまく渡るには、時にはコウモリになったり、
男に媚びていくのも必要だったりするんだろーよねえ。
幸せの定義は人それぞれだし、価値観も違うから、
「何が正しく」 「何が幸せ」なのかもわかんないんですけども。


理想や きれい事ばかりを並べては生きられないしな。('A`)
生きていくには、現実には 
   たとえ~ コウモリ野郎とののしられぇ~ても~
          いい人ねと 言われた方がよっぽどましだったりぃして~
 


食っていくためには、男に媚びて ぶらさがってなきゃ生きられない人もいる。 
ある意味、それが女の特権だったりもするんだしね。    
それもそれで、まあ幸せって言えるのかも。
はい。阿藤快さんお願いします。 なんだかなぁー 

  寄りかかりもしないし 寄りかかられるほど
        まだまだそんな できた人間じゃないし




あたしの生き様って? と、ふ・・・と思った今日。
 
まあ、しょせん花に例えれば あたしはそこらのペンペン草かなんかだと言いたいんだろっ。 
 (∩ ゚д゚)アーアーきこえなーい  

あ。ちなみに、こっちはサクラはまだだよ。

Comment

 なんか、ウチのBLOGの記事と多少、つながってるような・・気のせい?
  • posted by stay 
  • URL 
  • at 2006.03/25 22:46 
  • [編集]

★stayさん★
ああ~。そうですね。
きっとstayさんとこでコメントからひきずってて、
無意識にこんなことを考えてたのかもしれませんね・・・。
たまにはちらっと自分の人生について考えてみるのもアリですよね。
  • posted by レンゲ 
  • URL 
  • at 2006.03/25 23:12 
  • [編集]

あちこちに媚びの売る生き方はしたくない
女だからって男にのしかかっていきたくない
だけどさ・・女一人で生きていくのも結構大変だよ。
だけど・・私はね。女って本当は強いと思う。
それはどういう根拠だと言われたら「子供を宿し産む性」だから
これに変えれるものはありえない。

なんかようわからんから・・これで失礼しや~す
  • posted by ま~ちゃん 
  • URL 
  • at 2006.03/26 17:52 
  • [編集]

★ま~ちゃん★
ほんと。女ひとりで生きてくのって、楽じゃない世の中。
一昔前に比べれば、だいぶ生きやすくなったのかもしれないけどね。
だけど、女の誇りを忘れたくはないですね。

「女は強い」ってのは言えてると思う。子供がいたら、きっとまた違った強さが生まれるかもしれないですね。
ワタシもよくわからないんだよ・・・。
ちょっと考えちゃった。
  • posted by レンゲ 
  • URL 
  • at 2006.03/26 19:03 
  • [編集]

 桜の散り行きたる様 いとあはれなり。

 さ~きほ~こるは~な~は~ 散るからこそに美しい♪

 ソイヤッ!

 シェリー夢を求めるならば孤独すら恐れやしないよね
 シェリーひとりで生きるなら涙なんか見せちゃいけないよね


 俺も寄りかかるし、お前も寄りかかって来い!

 ひとりで生きるのも死ぬのも無理です。ハイ。
 断言します。無理です。
 
 だから、周りと調和して生きたいんです。
 正確に表現するならば
 俺も寄り添う、お前も寄り添ってくれ!寄り添って何かに向かえたらそれが最高!何かを勝ち得て分かち合えたら究極! 

 最終的な調和とは、互いの主張が対立しないと言う事ではなくて、互いの主張があってそれがぶつかり合って互いの高みに至るという弁証論的・・・


 オッホン。

 仲良くするために、その場ではコウモリ的だと他人に思われる行動をしなければならない場面が訪れるかもしれません。
 調和を生み出すために、自分は孤独を感じる場面もあります。

 でも、最終的な信念があればそんな他人のそしりなんぞ、どうってことないのと違いますか?

 桜の美しさは散り行く様ともいえますが、やはり日本人の心との調和ゆえであろうと思います。
 時の流れの儚さを端的に表現した「瞬間」が日本的なのでしょうね。

 桜の花見は・・・ドンチャン騒ぎしてますけどね。てへっ!
  • posted by フクフク丸 
  • URL 
  • at 2006.03/27 06:03 
  • [編集]

★丸ちゃん★
申しあげてきますが。
一人で生きるってことがテーマではありませんよ、あたしだって。
男に媚びない=一人で生きてくってことじゃないじゃろ?
生きる姿勢の問題でさ。たとえ結婚してても、してなくても・・・。
お互い寄り添うのはいいと思うよ。寄り添い合って補い合って生きるのはステキなことです♪
だけど寄りかかるって~のは、一方的に全面的に相手にオンブしてる感があって、いやなんだな。同姓同士でも異性でもね。
ちゃんと「個」を持った、精神的に自立した人間でありたいのさ。

桜の花見のどんちゃん騒ぎ、北海道じゃ、まだまだオアズケかな~。
  • posted by レンゲ 
  • URL 
  • at 2006.03/27 19:09 
  • [編集]

 作ったり 残したり

 姐さん。誤解を招くような表現ですまんかった。
 では、マジモードで行きます。今朝のフクフク丸はA型偏重の血が騒いでおる。

 「ひとりで生きる」のがテーマではない事は分かっております。
 
 常に凛然とされている中にアフォが散りばめられているから私は姐さんを尊敬し、そのオーラで「姐さん」と勝手に呼ばせて頂いております。
 
 美しく咲き、人の心に残り、可憐に散る。

 まさに桜ですよね。
 そんな人生に男はバカだから必ず憧れる時期があるんです。そんな時に、自らを納得させるためにカッコイイ歌が必要だったりして、たまたま私のそんな時の歌が尾崎の「シェリー」だったのですよ。
 やがて、人は孤独ではいられなくなり「ひとりで生きる」というナルシズムは不可能であると誰もが知って行く。


 一つの生き様の崩壊ですよね。 

  
 ま、なんかその辺を表現したかったのですが、表現力不足だった・・・無念。

 
 >ちゃんと「個」を持った、精神的に自立した人間になりたいのさ。

 自分の耳で聞いて、目で見て、触って確かめて、自分のアタマで考える。そしてそれを自分の表現で表現できる姐さんは私から見れば、イカシテル人なんですよ。
 

 山吹色という色も見えますし。
 
  • posted by フクフク丸 
  • URL 
  • at 2006.03/28 05:44 
  • [編集]

★丸ちゃん★
正直まじまじモードでうろたえております・・・
ワタシのオラオラ気分のウスバカゲロウ並みのオーラが見えるなんて、透視能力をお持ちとは、恐れ入谷やのキシボジン。
シェリーは、尾崎もいいが、長渕節もなかなかえすぞ。
あ、話がちがってしまいましたね。いつものことですが。
山吹色と、黄色と、レモン色が揃った「エロインピツ」でまたく図工してぇ~!!
  • posted by レンゲ 
  • URL 
  • at 2006.03/28 19:57 
  • [編集]

 はい。いい加減にします。

 俺は常に本気よ!!誰に対してもマジだ!! v-481
 ・・・ってことでどうでしょう? 

 果てしない迷路の中を 人はみんな手探りしてでも Stay Stay Dream

 センターに立って、最後にやるのは・・・結局、みんなそれぞれ自分以外の誰でもないですよね。
  • posted by フクフク丸 
  • URL 
  • at 2006.03/29 04:27 
  • [編集]

★丸ちゃん★
♪それはわたくしです。最後にやるのは決まってわたくしですもの~っT

氏の歌シリーズでシくるところなんざ、久世氏まっつぁおのニクイ演出です。本気と書いてマジですね。

はい。ではシグルイ殿のいらっしゃった裏部屋へも移動してください。
  • posted by レンゲ 
  • URL 
  • at 2006.03/29 06:40 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

メニュー

Tsuyoshi Nagabuchi

Official Web Site

 

プロフィール

野々咲 レンゲ

  • Author:野々咲 レンゲ

  • バツイチ、子なしの長渕ヲタです。
    気分がのったりのらなかったり・・・

    苦情・メールは menu3からドゾー。




檻の中にいるヨーソロー

現在の閲覧者数:

魂を売ったヨーソロー

★2007年からのご来場者数★

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

最近の記事

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。