「R」 あ~る指定。

長渕と共に おはようからオヤスミまで暮らしをみつめてきましたが、只今休止中です

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分らしいという事。

ゆうべは自治会の祭りに母が行っちゃったもんで、久々に父と二人で一杯やったんですよ。
父とは建設的な話ができるので、こういう時間が、ワタシ結構楽しみだったりするんです♪
 
父が、「そう言えばクリーニング屋の件、どうした?」
先日書いた、アレですよ。

「あれから店に乗り込んで、オバサンにきつく言ってやってさ、目の前で会社に電話させたよ。そしたら専務から家に電話あって、うんとお説教してやったよ。あっはっは!」

しばらく黙り込んでた父が、ボソっと言った。 
何か、レンゲらしくないな。

え・・・。


そんなに感情的になって人を責めたり、人の間違いを許せないなんて、今までなかったろ。
本当にそこまで怒ることだったのか? 
ここ最近、随分とクリーニング屋に固執していたようだけど・・・。
なんか、今の自分のストレスみたいなものの行き場になってなかったか?
何だかそんな気がしたんだけど。
 

予想外でした。「お前にしては良く言ったな~」なんて笑ってくれると思ったから。

「え、なんで?あたし・・・あたしはさ、ずっと我慢してきたよ。一ヶ月は何も文句は言わなかったしさ。
最後の電話を信じて、これでかかってこなかったら・・・言わなくちゃって思っただけでさ、そして思い切って言えて、すっとしたし、嬉しかったし・・・」

そう言うのがやっとでした。自分でも気づかなかったけど、今、確かにストレスを抱えていて、そんな行き場の無い心のもやもやが、今回のクリーニング屋の件で爆発してしまったというのは、何か図星だったような気がして───。
父にそう指摘された時、なぜかわからないけど悲しい気持になった。

ワタシらしいってどういう事なんだろう。
今までの自分だったら、確かにあそこまでなしなかったな。
だから今回の行動はワタシらしくないと映ったのかもしれないです。

こんな時、感情を抑えるのがワタシらしいのか。
それとも感情を抑えてきた今までの自分が、仮面を被ってただけなのか。

自分らしく生きたいと強く思う。
今回の件。 言った時には、自分的にはよく言えたなぁ・・・と、胸がすぅーっとして満足だったんだけど、指摘されてみると確かにそうだったかな~と、少し反省した。
 
自分らしさを履き違えてはいけない。

Comment

自分らしさ

う~ん、じゃあココで見る毒づきね~さんは仮の姿?
いやいや、クリーニング屋と闘ったね~さんも、剛兄をこよなく愛するね~さんも、毒づきドロンジョも、僕をいじめるね~さんもv-290全てがまぎれもなくレンゲね~さんでしょう。

自分らしさ・・・僕も自分がどうあるべきなんてわからへんから、
上手く言えませんが・・・
生きるっていう事の醍醐味のひとつに自分らしさを見つける事が入ってるのかも。
  • posted by りんざぶろう 
  • URL 
  • at 2006.08/27 23:04 
  • [編集]

演技は疲れます

自分らしく演技するのは疲れます。
自分らしくしようと思えば思うほど他の人が言う「レンゲさんらしさ」に振り回されます。100人いたら100人が違った「レンゲさんらしさ」を持っていますからね。

私は自分らしさってものはなくて自分しかないと思います。クリーニング屋さんに怒るのも自分、怒らないのも自分。後になって誰かに何かを言われても、その時の自分は自分だったと思うようにしてます。それが自分らしく見えなくても仕方がないと思います。自分らしさを誰かに見せるために何かをしているわけじゃないですから。

今までと違う自分が出たというコトは進んでいるからだと思います。今までと違うことをすると周りの目が気になりますし、行動に自信が持てないもんです。でもそうやって何かを変えない限りは自分は変わらないですよね。

あとは自分の行動に責任が持てれば良いのかなって思います。自信を持ってやったことが上手いかなかったら、もう一度やってみればいいですし、心の底から謝ればいいんです。そうすればスッキリしますし、二度とやらないために頑張りたくなります。そうしているうちに違った何かが見えてくると思います。

偉そうなことを書いていますが、私も失敗の連続で激しく凹む毎日です。でも、その方が生きてるなって感じるんですよね。借り物でない自分の人生って気がしてます。
  • posted by 団毬 
  • URL 
  • at 2006.08/27 23:29 
  • [編集]

あ、お師匠様お久しぶりでございます。

 レンゲ父に勝手に弟子入り志願して、勝手に弟子だと思い込んでいる者です。おはようございます。
 父親の鑑です。師匠!
 しっかりとご覧になっていらっしゃる。

 そして、私たちのような知り合って間もない連中が誰も言えないような「らしくない」を持ち出していただき、私もハッとする思いであります。

 私も父として、娘や息子に「こうあって欲しい」「こうなって欲しい」と思いながら接するが故についつい怒鳴りガチな日々をおくっております。それが愛であるという信念の元にやっておりますので、もともと怒鳴るような人間ではない私にとってそれは疲れるようなものではございません。

 「温厚な私」と「大声で叱る私」は互いに相容れない姿ではありません。

 翻って、今回、レンゲ姐さんの件に関しましては、個人的な憤りも無きにしも非ずですが、社会的な道義に基づいた感情の発露であると私には思えます。師匠様は幼少の頃よりずっとレンゲ姐をご覧になっていらっしゃったので、ご自分が思い描いていらっしゃるレンゲ姐の型が揺らいでいるとお思いでしょうけれども、師匠様が好きなレンゲ姐だけがレンゲ姐ではないと私は思うのです。

 強烈な両思いであるが故に、言葉の一つ一つが「縛り」になることは互いにとって一面プラスでもあり、一面マイナスであるようにも感じられます。

 師匠様とレンゲ姐の間にある歴史に、私たちは割り込むことはできませんが、「他人の心の引き出しの開け方」の最も有効な方法は「自分から見えるその人の姿をそのままに伝える事」であるのかな・・・などと、また勝手に教訓を頂戴いたしました。

 レンゲ姐に置かれましても、言い訳がましい心情が出てきてなんだか恥ずかしいような気分になられたことだと思いますけれど、師匠様は、実は内に篭もるそのモヤモヤを表に出して差し上げるために敢えて「らしくない」を使われたものだと思うのです。

 ステキな親子関係ですよね。なんか、恋人みたい。
  • posted by フクフク丸 
  • URL 
  • at 2006.08/28 05:28 
  • [編集]

★りんちゃん★

そーいやぁ最近、ワタシもめっきり毒が減ってしまった・・・・
 _| ̄|〇
ハブVSマングースVSレンゲだったら、まだまだ負ける気がしないけどさっ。

りんちゃんの事も、近ごろいじめてないな!
ちょっくらサンプレイでも行って腕力を鍛えて気まーす。v-91
楽しみに待っててね♪
  • posted by レンゲ 
  • URL 
  • at 2006.08/28 19:04 
  • [編集]

★団毬さん★

なるほど・・・自分らしく演技するですか。
考えた事なかったけど、確かにそうですよねぇ。
人の目に映る自分が自分らしさなら、見る人によってそれは違うから・・・・。

今までと違うという事は、前進していく証だと思えばいいんですね。なーんか、今回とっても勇気がわきましたよ、団毬さん!
ニクイくらいにいいこと言いますねえ♪
いつも良い助言をありがとう。
  • posted by レンゲ 
  • URL 
  • at 2006.08/28 19:08 
  • [編集]

いやっほ~^^

わお!また「哲学的」なこと言ってはりますのねw
自分らしさね^^
つうことは、レンゲちんは自分というものをご存知ということかな?!自分とは・・・を、知らないと「らしさ」はいえないと思うのだけど^^;
「~らしさ」とは理想論的なものじゃないかね?
自分とはこうだって決めることはできねぇと思うのだけど、、
無限の可能性あるんだし、まだまだこれから自己成長段階じゃんw 右往左往してりゃええねんwww
それより、「信念」をもつってことじゃないかな~^^
その先に自分の「らしさ」が完成されてくるんじゃないかなって思う
  • posted by おやじ 
  • URL 
  • at 2006.08/28 19:18 
  • [編集]

★丸ちゃん★

きぃぃぃぃぃ~っ♪♪v-402照れますがな。
両思いですって!?恋人のようですって!?
ええ、ワタシは父をこよなく愛しております。
自他ともに認めるファザコンですよ。

丸ちゃんのこのコメントを、父にも見せたい思いですが、コッパズカシ~のでやめときますけども・・・・。
でも彼は、丸ちゃんの言うように、ワタシの心のもやもやを表に出してくれたことは確かです。そして彼との会話は、いつもワタシに何かを考えさせてくれます。
彼の影響をかなり受けて、ワタシの性格のほとんどが形成されているように感じますよ。
彼との会話は、どんなに自分の考えと違っても、決して怒鳴りませんし、感情的にならずに話せるので好きなのです。
女同士ってそうはいかないでしょ。

息子にとっての母親、娘にとっては父親というのは、いつまでも特別な存在だと思います。
丸ちゃんとぴっこも十数年後、きっと恋人のような親子になってると思います。
  • posted by レンゲ 
  • URL 
  • at 2006.08/28 19:20 
  • [編集]

★おやじ殿★

きゃーっ!まじでおやじ殿ですか?
その文章を書いたのは、本当におやじ殿なの?それともどっかのパクリなの?
あまりに素的すぎます。心にずしんと来ましたよ。
「自分とはこうだと決める事はできない」・・・・そうか。
右往左往してじたばたしてればいいんだね、まだまだ。
そう思うと、気持も楽かもしれないね。

信念の先に、らしさが見える・・・
おおぉお♪なんかホントに、哲学ブログになってきたなw。
さんきゅー。おやじ殿♪v-218
  • posted by レンゲ 
  • URL 
  • at 2006.08/28 19:24 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

メニュー

Tsuyoshi Nagabuchi

Official Web Site

 

プロフィール

野々咲 レンゲ

  • Author:野々咲 レンゲ

  • バツイチ、子なしの長渕ヲタです。
    気分がのったりのらなかったり・・・

    苦情・メールは menu3からドゾー。




檻の中にいるヨーソロー

現在の閲覧者数:

魂を売ったヨーソロー

★2007年からのご来場者数★

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近のコメント

最近の記事

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。