「R」 あ~る指定。

長渕と共に おはようからオヤスミまで暮らしをみつめてきましたが、只今休止中です

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリーニング屋 その後。

先日、堪忍袋の緒が切れたというのを書きました。

専務から電話があって、最終的に色かけという作業をするので、さらに一週間だけ時間を下さいと言われました。
 
3択クイズ「その後どうなったでしょう~?」

①約束どおり1週間後、きれいに元に戻って返された。
②一週間後、結局元には戻らず弁償してくれた。
③一週間後、元に戻った上、代金を返してくれた。

 

答えは・・・・全部不正解。


一週間たっても電話はありませんでした。
8日目に携帯に留守電が入っていて、「3日後に出来上がりますので、お店に行って下さい」とのこと。

今日、取りに行きました。
おばちゃんは相変わらず「あ、はぁーい。これでしたよねぇ」
モノを確認したけど、どうみても元には戻ってはいませんでした。

もうおばちゃんに言う気がしないワタシは、黙って受け取って帰って来ました。もちろんお金も返してくれたわけではありません。

もう喧嘩するつもりも怒鳴る気も起きませんが、どうしてもやりきれない気持で直接工場に電話をしましたが、専務は留守でした。

お金を払って大切な物をお願いして、一月半もかかった。
とても嫌な思いもした。結局、色落ちは完全には元にもどらないまま品物を返された。私が今回クリーニングに出して、良かった事はなんだったんだろう。こんなことなら洗濯機でガラガラ洗った方が良かった。

工場の人にはこの気持をお話しました。
お金が欲しいわけではありません。
でもこっちはお金を支払って、そのうえ傷をつけられています。
「専務にもう一度お話しておきます」と言ってたけど・・・。

あの日、何度も謝っていた専務も、商品の仕上がりは確認したはずだと思う。「残念ながら元にはもどりませんでした。申し訳ありませんでした。」の一言があっても良かったのではないでしょうか。
まして代金を返すのは当然で、ある程度の賠償も仕方がないと思うのはおかしいでしょうか・・・。

Comment

会社側からすると

弁償などの事例を作ってしまうとキリがなくなって、同様の客が増えたらどうにもならないというコトでしょう。

世の中には、
あわよくば弁償させてやろうとする消費者がいる。
あわよくば何事もなく終わらせようとする会社がある。

どっちが悪くてこうなったのかは分かりませんが、こういった人や会社が増えているのは事実ですね。全て自分を守るため、自分だけが得をするためから生まれる行動ですよ。今回の件はまさにこれですね。

こうなると選ぶ時に自己責任で選ぶしかないですね。
正直者が馬鹿を見る時代になっちゃったんですよ。
悲しいですけどね。
因果応報ということわざがあるようにこんな会社はどこかで倒れるでしょう。

この会社のレベルに自分を合わせることのないようにしていかないといけないですし、次にクリーニング屋を選ぶ時の参考になったとか前向きに考えないといけないですね。

アホに関わって自分の気分が悪くなるのもアホらしいし、時間ももったいない。辛いし悔しいけど自分なりに消化して吸収するかないですね・・・。
  • posted by 団毬 
  • URL 
  • at 2006.09/06 21:58 
  • [編集]

★団毬さん★

本当に今回は勉強になりました。
なんだかもう怒る気すらしなくなりましたし・・・。
これは他でも言えることですけど、失敗したらとりあえず誠意だけは見せて欲しいですね。

そんな高級なものではありませんけど、実はプレゼントして頂いたものだったので、ワタシにとっては大切な物だったんです。
だから決してお金で返して欲しいわけじゃないんですけど、何かどうしようもない事になったとき、人はその気持をお金で表すしかないと思うんです。
そのために、保険に入ってるんだろうし・・・。

すごく残念で悲しいですが、もう忘れることにします。v-409
  • posted by レンゲ 
  • URL 
  • at 2006.09/06 22:44 
  • [編集]

仕事

お客さんからお金を頂く事ってそんな無責任で通用するわけないですよね・・・
ウチなんて仕事終わっても代金回収できんとモメル事もあるのに・・・
ね~さん、甘すぎ!
でも、怒るのもパワーがいるもんね。
そんな時は焼肉食べ!v-410
軽部カルビ最高!
  • posted by りんざぶろう 
  • URL 
  • at 2006.09/06 23:29 
  • [編集]

レンゲさん

お気の毒です。

わたしなら、たぶんそこまでされたら、やっぱりとことん行きますね。ただ、行けば行くほど、むなしくなるというか、自分が小さな人間に思えてくるところもあるかもしれませんけれど。専務でダメなら、社長です。そこまで行ったなら。そう思います。ま、田舎で、それもあんまり近所だとやりにくいんですけどね。

ま、しかし、忘れるのも賢明かもしれません。
  • posted by 出人 
  • URL 
  • at 2006.09/06 23:34 
  • [編集]

いただいた人と話せるのなら

いただいたものを汚ししてしまって落ちなくなったことをお伝えして、申し訳ないともお伝えするといいと思います。
レンゲさんが一番引っかかっているのは「いただいた事」なのでいただいた相手に許してもらうか、納得してもらうことができればこの件は消化できると思います。クリーニング云々はもう関係ない話ですよ。

聞いた相手もわざわざそのことを連絡してきただけでも嬉しいのに、そこまで大切にしてくれていると分かれば嬉しいでしょうからね。

気にかかっていることがあるなら行動してみればスッキリすると思います。今の自分の気持ちを素直にお伝えすればきっと上手くいきますよ!
  • posted by 団毬 
  • URL 
  • at 2006.09/07 00:03 
  • [編集]

そのこと自体は忘れても

 「自分が今回のケースの加害者だったらどうやって謝罪する?」とかを考えておく以外、前向きに捉えようもない出来事ですよね。
 
 ところで、調べたのですが、

 平成16年10月1日から施行された「クリーニング業法の一部を改正する省令」(平成16年厚生労働省令第120号)において、クリーニング店は「利用者に対する説明義務等」(法第3条の2第1項関係)の項目が追加されました。これに基づきクリーニング店では、苦情の申出先となる(1)クリーニング所の名称、(2)所在地、(3)電話番号を店頭に掲示するとともに、洗濯物の受取及び引渡しの際に、当該掲示事項を記載した書面を配布することが義務付けられます。


 こんなのもあるのだそうで、レンゲ姐さんの苦情の矛先が向かうべきところが明示されていない場合、立派な法規違反になるようですよ。

 http://www.oc929.net/houki/unyo.htm

 ↑こんなのもあります。
 消費者生活センターに報告するのも、ひとつの手段ではないかと思うのですが・・・忘れてしまうことにするのであれば、それはそれで仕方ないですね。
  • posted by フクフク丸 
  • URL 
  • at 2006.09/07 04:21 
  • [編集]

★りんちゃん★

ほんとだよね、無責任きわまりないよ。
昨日「もう一度専務に話しておきます」と言った人も、結局話さなかったんだか、専務がすっとぼけてんだか知らないけど、電話かかってこなかったしね。
もう品物を渡しちまったんだから、完結!って思ってるのかもしれないね。

そんな時は焼肉だな!やっぱり♪
  • posted by レンゲ 
  • URL 
  • at 2006.09/07 18:47 
  • [編集]

★出人さん★

ありがとうございます。
ワタシも久々に悔しくて実際、消費者センターに・・・とか考えもしました。ですが、この件に関わってるのが、仰る通り「むなしく」なってきて・・・。
今は怒りを通り越してあきれています。
そう思うと、苦情を言ってもらえるうちは、まだいいのかも知れませんね。
  • posted by レンゲ 
  • URL 
  • at 2006.09/07 18:50 
  • [編集]

★団毬さん★

そうかもしれません。
ワタシが一番悔しいのは、プレゼントして頂いたものだからなのです。
一応、今回の経過は話しました。
くれた方は気にしていないので良かったのですが、やっぱり自分自身の中で、残念なのです・・・。
ただの「モノ」としか思ってない、その気持が悲しいです。
大切な物だからこそクリーニング店に出している、そこら辺を考えて欲しいですよね。恐らく他のクリーニング店も、傷つけちゃったら弁償すればいいと思っているかもしれないけど、「お金にかえられないもの」もあるということを、心にとめていただきたいです・・・。
人それぞれ、そのモノに対する思い入れがあるからね。
  • posted by レンゲ 
  • URL 
  • at 2006.09/07 18:56 
  • [編集]

★丸ちゃん★

色々調べてくれてありがとう。
これを読むと、今回のはやっぱり法律違反であり、賠償ですよね、普通。

客側も、ほとんどの人がここまで知らないし、泣き寝入りしている人が結構いるんでしょうね。こちらも賢くならなくてはいけませんね。

今回は、見送る事にします。
でもとても良い勉強になりました。
みんなの意見を聞けただけでも、だいぶ救われたよ。
ありがとう、丸ちゃん。
  • posted by レンゲ 
  • URL 
  • at 2006.09/07 19:02 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

メニュー

Tsuyoshi Nagabuchi

Official Web Site

 

プロフィール

野々咲 レンゲ

  • Author:野々咲 レンゲ

  • バツイチ、子なしの長渕ヲタです。
    気分がのったりのらなかったり・・・

    苦情・メールは menu3からドゾー。




檻の中にいるヨーソロー

現在の閲覧者数:

魂を売ったヨーソロー

★2007年からのご来場者数★

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近のコメント

最近の記事

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。