「R」 あ~る指定。

長渕と共に おはようからオヤスミまで暮らしをみつめてきましたが、只今休止中です

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泣いたよ。

本当に・・・。 本気で これで 泣きました。
もう一度、ばあちゃんに会いたいな・・・。


そして、これも


「おまいら、親を大切にしてる・・・?」


Comment

(ノ_<。)

今回はマジレスでいかして頂きます。

深夜にも関わらず、ボロボロと涙がこぼれました。
数年ぶりの涙です。
涙をこぼす感覚を自分自が忘れていなかった事にもビックリしました。
別段意識はしていなかったものの、ばあちゃん子だった僕は、ばあちゃんが死んだ日の事。
末っ子としての僕は、年老いた父親、母親の事。
何か、色んなモノひっくるめて、考えさせられました。

忘れちゃいけないもの、大切に考えて行かなきゃならないモノ・・・
忘れそうになったらまた見に行きます。
  • posted by きすけ 
  • URL 
  • at 2006.10/01 02:11 
  • [編集]

未来の後悔。

 イメージしてみるのだそうです。
 1年後、5年後、10年後、50年後の自分を。

 その時、後悔していることは何なのかを。

 今ならば間に合うということです。
 
 その全ての後悔を未然に防げるということです。

 小さなプライドやつまらない思い込みで、未来の自分を窮屈なところに閉じ込めないようにすることができるのは、今の自分・ほんの少しの勇気だけなのだと思います。

  
  いつ、なにが起こるのか分からない。
  だから、一生懸命生きられる。
  結局は「後悔したくない」んだ。そういうエゴで私達は生きてる。
 
  こういうフラッシュはそういうのを再確認させられます。
 
  • posted by フクフク丸 
  • URL 
  • at 2006.10/01 05:52 
  • [編集]

★きすけ殿★

恥ずかしながら、ワタシも久々の嗚咽とやらを体験した次第です。深夜だったらなおさらですね。

ワタシもおばあちゃんとは一緒に暮らしていませんでしたが、幼い頃は本当に可愛がってもらって大好きでした。
泊りに来たときなんか、「帰っちゃいや~」といつも泣いて困らせました。
・・・それが成長してからは、おばあちゃんが久々に訪ねてきても、友達とでかけてしまうようになった自分を思い出しました。友達とはいつでも会えたのにね。

ほんの数分のフラッシュで、色んな気持を思い出させてもらいました。
  • posted by レンゲ 
  • URL 
  • at 2006.10/01 08:46 
  • [編集]

★丸ちゃん★

同じようなことになりますが、
命があと数日しかなかったら何をしますか?という問いかけをすると、たいてい「両親にありがとうと言う」とか「家族と良い時間を過ごす」とか「お世話になった人に手紙を書く」言う答えがかえってくるそうです。

今それをやらないのはなぜですか?いつやるのですか?
そう問われて、はっとしますね。

明日から を7回言うと一週間になる
来週から を4回言うと一ヶ月になる
来月から を12回言うと一年になる
来年から を数十回言うと 私たちは灰になる


今を精一杯生ききろう。
  • posted by レンゲ 
  • URL 
  • at 2006.10/01 08:52 
  • [編集]

お久しぶりです

泣きました。
ボロボロと。

最近、親不孝したばっかりで・・・
この歳になって情けないと思ってたところで・・・

家族のために捧げる人生、素晴らしいですね。

いつまでもあると思うな親とカネ
墓に布団はかけられぬ・・・

親からの愛情を当たり前と思ってはいけないと思いました。
  • posted by Cocco 
  • URL 
  • at 2006.10/02 16:52 
  • [編集]

★Coccoちゃん★

お久しぶり~♪忘れずにいてくれてありがとう。
先日もお宅の様子(?)のぞきに行ったんだよ~ん。

ワタシも本気で泣いちゃいました。
親がかけてくれた愛情を考えたら、きっと本当はどんなに一生懸命に親孝行したとしても、し足りないんだよね。
今、こんなあったかい気持になっていても、
すぐに忘れちゃうんだよね、ダメなワタシは・・・(ノД`)シクシク

そうだね、当たり前と思ってはいけないね。
いつも感謝の気持を心に持っていたいですね。
  • posted by レンゲ 
  • URL 
  • at 2006.10/02 18:18 
  • [編集]

思い出しました。

おばあちゃんが癌で入院してましたが、最後は「家に帰りたい」って言うて親父の兄弟の家族(4人兄弟)で毎日交代で看病してた時、当時愛知県で働いてた僕がたまたま帰ってきた時、息を引き取りました。
「待っててくれたんやなぁ」って僕の勝手な解釈かもしれませんが・・・
  • posted by りんざぶろう 
  • URL 
  • at 2006.10/02 22:18 
  • [編集]

★りんちゃん★

そうなんだぁ・・・。きっと勝手な解釈なんかじゃないよ。
そういう事って色んな人がよく言うし、実際にあるんだよね。
人の命ってさぁ、そう考えると本当に尊いものだし
人の「思いの力」って、すごいんだね。
  • posted by レンゲ 
  • URL 
  • at 2006.10/02 22:37 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

メニュー

Tsuyoshi Nagabuchi

Official Web Site

 

プロフィール

野々咲 レンゲ

  • Author:野々咲 レンゲ

  • バツイチ、子なしの長渕ヲタです。
    気分がのったりのらなかったり・・・

    苦情・メールは menu3からドゾー。




檻の中にいるヨーソロー

現在の閲覧者数:

魂を売ったヨーソロー

★2007年からのご来場者数★

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近のコメント

最近の記事

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。