「R」 あ~る指定。

長渕と共に おはようからオヤスミまで暮らしをみつめてきましたが、只今休止中です

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また手帳ネタ(自己マン)

またまた手帳ネタでアレなんですが、今モチベーションがガシガシ上がってるから、またフランクリン・プランナーについて、しゃべらして~。

この手帳は、ただのスケジュール帳じゃなくて、自分の価値観を明確にして、そこから日々の目標に落とし込んでいくっていうもので、そこがミソなんですね。

・・・で、ミッション・ステートメントのページなんだけど、これが最も大切なところなんだけど難しい ('A`) 
自分にとって何が最も大切か。  
人生においてどのような貢献がしたいか。

みたいなことなんですけど、言ってみれば人生のテーマになるわけで、
これを常に確認することで重要領域で生きることができるってことなんですが。
あらー、なんか難しい言葉が出てきちゃったよ~コレ。

ワタシもそれなりに書いてみたんだけど、うーむ。どうもしっくりこない。
本当にそれが一番大切なのかな~。 
なんか違うような気がする・・・。
これが本当の自分の価値観なのかなぁ~みたいな?
でもここでくじけちゃいけません。いくら出したと思ってんだよ
母さん、そんな弱い子に育てた覚えはありませんよ。

自分の心の奥底の価値観と方向性を充分に表現できるまでは、数週間あるいは数ヶ月要するかもしれない。
スティーブン・R・コビー「7つの習慣」より


と、書いてありますから、慌てずじっくり取り組むしかなかろう。
ファイトー♪あたし!


もう一つ、他の手帳に比べて優れているのが一週間コンパスという、縦半ページくらいのカードです。
そこに役割(例えば女性なら母だったり妻だったり)ごとの習慣目標を書いて、透明のケースに挟んでしおりとして使うの。この一週間コンパスには「刃を研ぐ」っていう欄があって、肉体、社会・情報、知性、精神の4項目で、その週に自分を磨くためにすることを書くわけですな。

なんかスゴイ、いいじゃなぁ~い♪ヽ(゚∀゚)ノ
もう大絶賛ですよ。

もうすっかりトリコなわけで、今日の記事もすっかり自己満足に浸っているだけで、申し訳ね(笑) 

↓とりあえずトライアルをもらって試してみよう!↓

Comment

NoTitle

続ければ伝説になるってことですね。

リビング・レジェンド・レンゲ。

なんかカッコいいんじゃないですか~?
  • posted by 団毬 
  • URL 
  • at 2006.10/08 01:47 
  • [編集]

アファメーション

 10年位前に自分の目標とする10年後の自分について書いた紙が、実家の机の引き出しの中から発掘されました。
 それ自体はすっかり忘れてしまってて、妙にバツの悪い感じでそれを開けて見ると、なんとなくそこに書かれているような方向の自分になっている自分に気付きました。

 潜在意識に焼きついた、私の地図なんでしょうかね?

 10年位前にそれを書いたとき、潜在意識がどうとか、方向性がどうとかというややこしい理屈とともに、毎日毎日それを音読していたものです。
 いつの頃からか、現実の自分が他人と自分を比べてカッコばかりつける方に目が行き始めると、それをしなくなり、忘れ去られていたのです。

 それでも、ふと気がつくと10年前の自分のままではない。
 その速度が遅かれ早かれ、進みたい方向に進んでいる自分がいる。

 誰かが自分の人生の価値判断をしてくれたとしても、それはその他人の評価でしかないんですよね。
 誰からも「素晴らしい!」という評価を確かにもらいたいけれど、一番大切なのは自分が自分を「良くやった。まだいける」って思い続けられることだと思うんですよ。

 そうなるように生きて行くには、やっぱり、なんかしっくりこない抽象的な言葉でも自分の目標を掲げながら、それを少しずつでも修正しながら、それに輪郭を与えて、肉付けをして行けば良いんだと思います。

 「目標はバルーンみたいなもの」なんですよね?
 ハッキリ見えなくても、しっくりこなくても良いんじゃないですか?それだけ高い場所に理想があるってことだもんね。
 でも、その場所くらいはなんとなく分かる。
 だから、そっちの方に進んで行って、見えてきたらそれを見据えれば良いんですよね。

 >“リビング・レジェンド・レンゲ” は「永遠の25年もの」
ブランデーですか(笑)?
  • posted by フクフク丸 
  • URL 
  • at 2006.10/08 08:08 
  • [編集]

★団毬さん★

リビング・レジェンド・レンゲの称号、ありがとうございまーす♪
続ければ・・・って、あ~た、続けるに決まってんじゃないのさ~っ。継続して、今後も時々価値観を見直して、自分のミッションを確認していかなければダメですよねー。

ところで団毬さんは今、プランナー使ってんですか?
それとも乗り換えたの?
どんな手帳を使ってるのか興味があります (・∀・)
  • posted by リビング・レジェンド・レンゲ 
  • URL 
  • at 2006.10/08 12:01 
  • [編集]

★丸ちゃん★

ワタシにふさわしい素晴らしい称号をいただきましたが、何か・・・?しかし、この3連休のToDoリストに、「衣替え」と「くりぃむナントカの録画」とかしか書いてないや。
いつまでたっても ダメなわーたーしね~♪

アフォメーションとか宝地図に関しては、多分潜在意識にインプットされて、知らず知らずそっちの方向に行くんだろうね。
成功者はそういうことやってますよね。

「夢はバルーンのようにデッカイものを掲げて、しっぽを掴んどけば必ずそこへ繋がっている!」って教えられて絶対そうだと思ったり、また、「現実を見据えた小さな目標をこつこつ達成していくことだ」と言われて、それもまた頷けたり。
結構迷ってるよ、ワタシ。どちらにしても、「自分の価値観」に合わない夢は、結局挫折するだろうね。

価値観の部分のお話だけど、ワタシのしっくりこないのは丸ちゃんの言うのとは逆なんだよ・・・。
自分の価値観だと思って書いているんだけど、どうもそれが一般論とか、世間の常識的な価値観であって、本当にそれが自分の心の中から湧き上がってきたものではないような、そんな気がしてしまうんだよね・・・。
抽象的な言葉で書いてみても、いざ自分の心に問い掛けてみると、なんか違うような気がしてくる。
だから、自分のミッションがイマイチ定まらない感じ。

生きていく上で自分の価値観とかミッションが定まれば、「このために頑張ってるんだ」って納得できるから、ちょっとやそっとじゃくじけないし、また挑戦できると思うんだけどね。

多分時間がかかると思うんだ。それでも少しずつ、多分みつかるんだと思います。いつもそう思っていればね。
永遠に25歳だと思ってれば、時間はたっぷりあるしナントカなるべー♪
  • posted by リビング・レジェンド・レンゲ 
  • URL 
  • at 2006.10/08 12:17 
  • [編集]

せっかくの3連休・・・

手帳満喫されてるみたいっすね!v-290
でも、フクフク丸さんをはじめみなさんのコメントは大変勉強になります。
今、ようやく自分の方向性が世間一般的のまともな方向に向き始めたとこです・・・
僕もフランキー堺フランクリンなんとか・・・考えてみよっかな
  • posted by りんざぶろう 
  • URL 
  • at 2006.10/08 17:32 
  • [編集]

★りんちゃん★

ワタシもコメントからたくさんヒントをもらって、さらに考えるきっかけになったりしますよ。ありがたや~。

りんちゃんが今まで、どんな方向を向いていたのかも気になるけど(?)、フランクリンプランナーはオススメだけど、高いし本当に合うかどうか、とりあえず無料でトライアルをもらって試してみれば?
http://www.rakuten.co.jp/franklinplanner/444828/
ここの下のほうにありますよ。

あとは、ここで使い方を読んで検討してみてね。
http://www.franklincovey.co.jp/products/beginner/index.html

ワタシもずーっと、「熊谷式☆夢手帳」とどちらにしょうか迷いました・・・。
  • posted by レンゲ 
  • URL 
  • at 2006.10/08 21:38 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

メニュー

Tsuyoshi Nagabuchi

Official Web Site

 

プロフィール

野々咲 レンゲ

  • Author:野々咲 レンゲ

  • バツイチ、子なしの長渕ヲタです。
    気分がのったりのらなかったり・・・

    苦情・メールは menu3からドゾー。




檻の中にいるヨーソロー

現在の閲覧者数:

魂を売ったヨーソロー

★2007年からのご来場者数★

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近のコメント

最近の記事

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。