「R」 あ~る指定。

長渕と共に おはようからオヤスミまで暮らしをみつめてきましたが、只今休止中です

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・悲しいとき

関東地方は今頃になって寒くなりましたねっ。
肩こり対策には余念がないワタシですが、こう寒いと、お肩にぃ~ゲルマニウムでも貼らないとだめかしらん?

さて、先日書いた、老人ホームへ入ると言ってた近所の老夫婦の話の続きなんだけど。

とうとう決まったらしいんだ、ホーム行き。
二人で入れる部屋が空かないので、まずはばあさんが先に行くんだって。
この前引越屋さんが来て、色んな荷物を運んでた。
次の日、うちの両親がごった返した家に呼ばれて、ホームには持って行けないから、どれでももらって使って欲しいってことで、色んな物を頂いて来ました。

その時に少しだけ話をしたらしいの。
本心は、やっぱり行きたくないんだって・・・。
二人ともまだ元気だし、おばあさんは子供らに泣いて訴えたそうだけど、聞き入れられず、どんどん話が進められて行ったそうです。

せめて一人が先に旅立つまで・・・って頼んだそうだよ。
だけど子供らは何かあったらと心配で、二人だけでは暮らさせたくないらしい。


さて。


老人ホームに預けて、誰かに見守ってもらって、心配なく暮らせるのがいいのか。

それとも多少不安もあるけど、誰にも気兼ねなく二人でのんびり余生を暮らさせてやるのがいいのか。


悪い言い方をすると結局のところ、自分ら(子供ら)が決めることは、自分らの安心や満足のためじゃないのかな。
何かあった時に、自分が罪悪感を感じることを恐れているだけなんじゃないだろか。


老人ホームが悪いとは思わない。
でも、本当に本人たちが残された短い余生をどう生きたいのかって言うのを大切にしてやりたいものだな・・・・と、ワタシは思うのだった。

またまたちょっぴり悲しい時・・・。 

Comment

こりゃ難しいですな~

子供たちからすれば何かあったら悔やみきれないでしょうから、誰か他の人と一緒に生活してくれた方が良いですよね。

うちのばあさんも独りで住んでて、風呂に入ったときにぽっくり逝ってしまったので、どうしても「こうしておけば・・・」って思いはありますよ。

かといってここのお二人の気持ちもよ~く分かる。

難しいですね・・・。
  • posted by 団毬 
  • URL 
  • at 2007.02/25 22:43 
  • [編集]

NoTitle

じゃあ・・おじいさんはしばらく一人で暮らさなきゃいけないんだ・・。
「何かあったら心配だから・・」って・・これじゃあ逆だね。
残して出てゆくおばあちゃまの方も気掛かりでしょう・・。
二人ともまだ足腰もしっかりしてて元気なんですか?
せめて、二人部屋がちゃんと空くまでは・・という気もするけど・・・。
  • posted by おはぎ 
  • URL 
  • at 2007.02/26 01:21 
  • [編集]

ホームか

私のガキんときは、3代で同居でした。
親父世代は仕事仕事仕事。
祖父世代が、留守番兼子供(私)のお守り。
今思うと、光熱費もエコノミーで各自の役割があって合理的だったなあ。

今はヤヤコシイ時代になりましたなあ。

・・・「俺も将来、勝手に入れられちゃうんだろうか」・・・
そうしたら叫んでやる
「何が復興ですか!何が繁栄ですか!こんなの見せ掛けの繁栄だ~い」(あれ?ナンカのドラマであったっけ?こんな台詞)
  • posted by 兵一郎 
  • URL 
  • at 2007.02/26 19:25 
  • [編集]

★団毬さん★

団毬さんちのおばあちゃんみたいな話を聞くと、身内としては後悔したりするんだろうけど・・・
そうかと言って、本人にとってはどちらが良かったのかはわからないしねぇ。
自分の親のこととして考えた時、本当に考えてしまいます。
難しいよね。
  • posted by レンゲ 
  • URL 
  • at 2007.02/26 20:58 
  • [編集]

★おはぎちゃん★

とりあえず、先におばあちゃんが「お試しお泊り」みたいな形で何日か行って見て、一度戻ってくるみたい。
おじいちゃんは、とりあえず元気だし車の運転もできるので、今のところ一人でも不安はないんだけど、おばあちゃんは最近足腰も悪くて、おじいちゃんが車に乗せて病院に通ってたの。

ワタシもね、せめて二人一緒に入れるまでは・・・って、心から思ってるんだけどね。色々事情があるみたい。

なんだかなぁ~。
  • posted by レンゲ 
  • URL 
  • at 2007.02/26 21:04 
  • [編集]

★兵さま★

へー。兵さまはおじいちゃん達と同居だったんだね!?
うらやましな~。
根拠はないんだけど前から感じていたことがあって、おじいちゃん・おばあちゃんと一緒に暮らして育った人って、心が豊かに育ってるように思うんだよね。

子供が歳をとった親の面倒をみて、そして祖父母は孫のお守りをして・・・って、やっぱりそれが本来の姿って気がしない?
だけどやっぱり今みたいに子供が少ないと、そうも行かないんだろうなぁ。
ますますやっかいな時代に突入ですね。

そのセリフは・・・間違いなくどっかで聞きましたよねぇ・・・ (・∀・) 
勇気を出してそんなセリフを叫んでみたいもんだわ。
  • posted by レンゲ 
  • URL 
  • at 2007.02/26 21:11 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

メニュー

Tsuyoshi Nagabuchi

Official Web Site

 

プロフィール

野々咲 レンゲ

  • Author:野々咲 レンゲ

  • バツイチ、子なしの長渕ヲタです。
    気分がのったりのらなかったり・・・

    苦情・メールは menu3からドゾー。




檻の中にいるヨーソロー

現在の閲覧者数:

魂を売ったヨーソロー

★2007年からのご来場者数★

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近のコメント

最近の記事

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。