「R」 あ~る指定。

長渕と共に おはようからオヤスミまで暮らしをみつめてきましたが、只今休止中です

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

因果の法則かぁ・・・。

学校を出てから長いこと働いて来たけど、あんな風に頭ごなしに怒られたのは初めてでした。
物凄い剣幕で延々と怒鳴られました。

オンナ子どもじゃあるまいし、さすがに泣くことはなかったけども、本当に泣きたい気持でした。 
・・・あ、オンナでした。

とんでもないミスをしたとか、多大なる迷惑をかけたとか、自分でも納得がいくことなら仕方がないけど・・・
早い話が、ワタシが彼女に聞きもせずに別の人に連絡して依頼してしまったことが気に食わなかったようです。
自分がやりたかったみたいで。


ワタシが頼んでしまった人にも後で謝ると、本人は「なんで謝ってるの?私でいいんですよ」とのこと。


このモヤモヤした気持をどこにぶつけたらいいのかわからない感じです。
 
 **********************
この世に起こることすべてが偶然ではなく必然で、それぞれに意味があるのだと言うし、自分もそうだと思う。
そして「因果の法則」とか言って、自分がしてきたことや考えてることが、そのまま自分に返ってくるのだと言いますよね。
何かを気付かせるために起きるんだと。


こういう風に、理不尽だなぁ~と感じることがあると、いつも顧みるんだけど、きっとこれまでのワタシの悪行のせいなのでしょうねぇ。

きっとワタシも気付かぬうちに、色んな人を理不尽に傷つけているんだろうなぁ。

気付いて反省しても、また繰り返してしまうこともあるけどねえ ('A`)

Comment

NoTitle

宇宙ってのは同極が反発しますから、その女性と同様の性質がレンゲたんの中にもあったんではないでしょうか?
あるいは、その女性の機嫌が悪かっただけなのかもしれない。

いずれにせよ「因果」を考えすぎるのはちょっと旧いような気がしますね。
本当は「因果」というモノもないし、「理」というモノもないし、「理」に対した「理不尽」というモノもない…。

ただ「淡々と存在している」としているのが「宇宙」ではないでしょうか?
その「淡々とした宇宙」に対して、やれ因果だの理不尽だのと「色」をつけているのがレンゲたんの今なんだと思う。

で、その「色」を薄めないと、レンゲたんは幸せになれないんじゃないでしょうか?
こういうのを「五蘊盛苦」っていうんですが…。

宇宙的に絶対的に「理不尽な事」ってないんですけど、「この私が理不尽に思える事」はいくらでもありますよ。
で、その「理不尽と思える事がこれでもかと発生する宇宙」を「完成されたシステム」として捉えた時、何かが「変わる」ような気がします。

「宇宙は淡々と存在している」…それはわかる。
だから「因果も理不尽も本当はない」…それもわかる。
だけど「大騒ぎしてしまう自分がいる」…それもわかる。

こんなに淡々とした宇宙に「理」とか「因果」とかを求めてしまう心自体が不寛容なのかもしれない。
勝手に「理」…つまり「こうあるべきだ!」という設定をして、それに外れたものに対して「理不尽だ!」と大騒ぎし、気が静まったら「いや、これも因果なのかも…」と詮索する…。
まさに「五蘊盛苦」です。

「理不尽」は「理不尽」でいい。
「やな奴」は「やな奴」でいい。
「やな奴を許せない自分」は「やな奴を許せない自分」でいい。

ただ「受け容れる」だけで「五蘊(精神)」の苦しみは消滅すると言ったのが釈迦です。
私もそうだと思います。

前に言った事と矛盾するんですけど、私も「因果律」ってのは本当は宇宙的に絶対的に「ある」と思います。

ただ、少なくとも「善因善果」「悪因悪果」というシロモノでは無い。
宇宙を「善悪」で隔てる事は「色メガネ」なのです。
「理」と「理不尽」で隔てる事もそうです。
その「色メガネ」を外しましょう…って事です。
「色メガネ」を外した時、初めて「淡々とした宇宙の因果律」が見えるような気がします。


…グラサンかけた仏像って見た事ないでしょう?(爆笑)
  • posted by 檸檬 
  • URL 
  • at 2007.07/08 18:48 
  • [編集]

名言セラピーより抜粋

「人間が最も成長できる環境は、
 あなたを誉めてくれる人50%。
 厳しいことを言ってくれる人50%のバランスのときです。
 誉めてくれる人だけでは調子に乗ってしまうし
 冷たく厳しい言葉だけでは枯れてしまう。
 そこで50%50%のときが最も人間は成長できるのです。
 だから、必ずみんなそのようなバランスに
 なっていますよ」


というようなことを小林先生の講演会で聞いたのです。


本にも書いた、宇宙は必ず50%50%のバランスをとる
「宇宙の法則」とも似たところがあります。


でも、僕はこの話は正しくないと即座に思いました。


仕事でも、僕の周りは、97:3くらいで、誉めてくれる人の方が多い。
客観的に見ても、人数で50%50%は絶対ないよなー。

そう思っていると小林さんはこう続けました。

「この話をすると、私は違うという方がいますが、そういう方は
 身近なところに、
 あなたを猛烈に批判してくれる人が現れます。
 それでエネルギー的に50%50%になっているはずです。
 逃げられない身近な人、たとえば奥さんですね」


あ、あ、あ、当たってる!!
っていうかドンピシャ(笑)


僕がまったく、人間関係のストレスなしで気持ちよく働けるのは、
その影で僕を猛烈に批判してくれている彼女の存在があったからかと。

それで僕が最も成長できるバランスになっていたのかと。

そう思ったら、一瞬で彼女に心から感謝できるようになったのです。

一瞬ですよ。ほんとうに。

俺って単純すぎ?(笑)

僕が、気持ちよく仕事ができていたのは、
その裏側の批判の役割を彼女が一身に
背負ってくれていたからかと思ったら、

彼女に心から感謝できるようになったのです。

俺って単純すぎ?(笑)

ものの見方って、ほんとうに人生を一瞬で変えるなって
痛感した瞬間です。








  • posted by nya-5 
  • URL 
  • at 2007.07/08 22:45 
  • [編集]

ああ、きっと俺は優しくなどないのだろうな。

 ちょっと厳しい事書きます。

 結局のところ、人間として相手の方を「好きになれない」レンゲ姐さんの気持ちは察します。「好きになれない」どころか「嫌い」あるいは「合わない」でしょう。

 でも、どんなに腐れててもどんなにボンクラでも上司は上司です。どんな矛盾だらけでもどんな無駄があっても所属している以上は組織の中のひとりです。

 
 因果というものが存在するとしたら、仕事の流れはどうあれ効率性はどうあれ、上司の顔を潰すようなことをしてしまった・・・あるいは作意的にした・・・と、相手に受け取られるような手順の仕事をしたレンゲ姐の行動が「因」であると思うのです。

 言っちゃ悪いけど、その上司のことを軽く見てますよね。尊敬なんてできないとさえ思ってませんか。
 多分、今までの話の流れだとその上司は何よりも「軽く見られる」のを嫌うはず。「軽く見られてる」と感じるのは組織としての(あるいはチームとしての)意思決定の最終権限を持っている上司にしてみれば、部下によって相談なしに勝手に物事を運ばれることでしょうから。それはまだしも、その報告さえも上がって来ないともなれば、上司も怒るはずです。(ま、もっともこの上司の場合は仕事の方向性とかも打ち出してはいないのでしょうけれど・・・)自分の知らないところで、最終的に自分が責任を負わねばならないような話が勝手に進む。
 その仕事の結果の良し悪しではなく、そのレンゲ姐の仕事に対する姿勢は疑問です。スタンドプレーですからね。


 問題は、頭ごなしに叱られたことじゃなくて、その叱っている内容ですよ。(多分、相当ヒステリックにやられたのでしょうけれど)

 その内容の中に、その上司の内面性とレンゲ姐とその上司の関係性が凝縮されているはずです。
 

 相手の顔色を窺ったりこびへつらうのではなく、時間は掛かって非効率的だけど「私はこのようにするべきだと思いますが、いかがでしょうか?」と、他の人がいる前で相談すると良いでしょう。

 そこに 上司の判断 が下され、その意見に対してGOにしてもSTOPにしてもその判断を上司が下していること、レンゲ姐が仕事する意識を持っていることがちゃんと皆に伝わりますから。 

 因果とか修行とか言うのであれば、多分今回のこれは「ソリの合わない人間をも活かす術を会得するため」の修行なんじゃないでしょうか? 

 つたない意見だし、情報も限定されているから的外れな部分も多いでしょうけれど、その修行、付き合いますよレンゲ姐。
  • posted by フクフク丸 
  • URL 
  • at 2007.07/09 05:26 
  • [編集]

小さな一言で世界が変わった

手厳しくしかられたこと、いっぱいあった。
会社時代は、愚図でした。

一言の注意、叱咤が、その後の人生を変えた。
 クレヨンのクレヨン則さんに変わった。
  • posted by クレヨン則さん 
  • URL 
  • at 2007.07/09 09:38 
  • [編集]

★檸檬タン★

五蘊盛苦?ナンダヨそれ。
相変わらず難しいなぁ・・・。

今の気持、やなヤツを許せない自分というのとは、ちょっと違うな。
なんでこんなに心をずたずたに傷つけられなきゃならないのだろう?というモヤモヤです。

ただし、少なくともワタシは不幸ではありませんし、むしろ幸福だと思っていますので、その点はご安心ください。

ワタシは難しいことや宗教的なことはわかんないけど、やっぱり善には善、悪には悪の結果があると思っています。
それが今生だけの問題かどうかは別としてね。
だから今より少しでも良い人間になりたいと思うし、成長したいと願うのです。
  • posted by レンゲ 
  • URL 
  • at 2007.07/09 21:09 
  • [編集]

NoTitle

俺は曲がりなりにも管理職の立場にいるから分かるんだけど…。
レンゲたんは道理を求めすぎるのよ。
自分にも他人にも。
で、抑えてもそれが滲み出るわけ。
たとえば、「こういう事をすればあの上司に怒られるんだろうな~」って事は分かってた筈なの。
レンゲたんは。
で、分かっていながら試したんだな。
「こういう事で上司は怒るべきではない」っていう道理を確認したかったの。
で、それはつまるところ、「敵意」であり、「否定」であるわけ。
上司の人格に対する。
で、案の定、怒られたわけだ。
もうやめな。
  • posted by 檸檬 
  • URL 
  • at 2007.07/09 21:23 
  • [編集]

★nya-5たん★

どうもありがとう。
バランスって確かにあると思いますよねぇ。
照る日もあれば曇る日もあるんだし♪

批判してくれる人って、本当は大事な存在なんですよね。
言いづらいことを言ってくれる人。
それを素直に受け入れることによって、自分が成長できるんだと思います。
普段言われすぎて、夫婦や家族のキツイ一言に重要なことが含まれているのでしょうね。

正当な批判は素直に受け入れるように努めたいと思います。
でも、今回怒鳴り散らされたことは、正当なこととは思えなかった。
ただ子どもが駄々をこねてるだけのようにしか見えませんでした・・・。

しかし、今回のことからも多くを学べましたし、良い経験にはなりました。自分を顧みる事もできたし・・・。
色んなことを気付かされましたよ。

ある意味、感謝すべきなのかもしれませんよね♪
  • posted by レンゲ 
  • URL 
  • at 2007.07/09 21:27 
  • [編集]

★丸ちゃん★

ごめん。私が上っ面しか書かなかったため、残念ながらだいぶ本来の状況とずれて受け止められてしまっているのですが、今回のことは、上司の顔を潰すようなこともしていないし、スタンドプレーでもない。

淡々と普通の流れをしていったまでで、あとで聞いてみたら他の上司もそれでOKだと言うし、私が頼んだ人もOKで、本来彼女が受け持つところではないのです。
それを怒られた。だから「理不尽だ」と言ったのです。

その通り。尊敬はまったくしていません。
そのうえ、人格障害だろうとさえ思っています。

でも丸ちゃんの言うように、「ソリの合わない人間をも活かす術を会得するため」の修行・・・
きっとそれなんだろうな~って思うよ。

常識が通用しない人ってのが確実にいるということも経験できた。ある意味すごい修行・・・。
せっかく生まれてきたのだし、いろんな経験をした方が、しないよりはいいのでしょうw。

ありがとう、丸ちゃん♪
  • posted by レンゲ 
  • URL 
  • at 2007.07/09 21:53 
  • [編集]

★クレヨン則さん★

クレヨン則さんが変わった一言って、何だろう?
人の人生を変えてしまうような、素晴らしい叱咤か・・・。
そんな一言が言えるのは、よほどの人格者なのか、
それか、よほど、クレヨン則さんを可愛がっていたのでしょうね。

でも、どんなに叱咤しても、クレヨン則さんのように本人の心に響いて自分で気付かなければダメですよね。
そして叱咤するのも相手を思いやる気持がなければ伝わらないでしょうね。

その人のためになる愛情のこもった厳しさは、◎です。
  • posted by レンゲ 
  • URL 
  • at 2007.07/09 22:00 
  • [編集]

★檸檬たん★

うん、そうだなぁ。
ワタシ、道理を求めすぎるってのは確かにあるかもね~。
納得。

でもさ、上司が怒るとわかっていながら試したって言うのは、それこそ色メガネだよ。すべて自分のメガネで見てるじゃない?
そんなの、なーんも考えてないよw。一瞬の出来事だもん。
怒られたことも、全然案の定じゃないから。


というより、ワタシの場合、もっと悪いな。
それくらい出来たらいいんだけど。
そこまで彼女と真剣に向き合ってないですから・・・(泣)
  • posted by レンゲ 
  • URL 
  • at 2007.07/09 22:10 
  • [編集]

エネルギー保存の法則

ってのが世の中にはあるわけです。

誰かが怒ったエネルギーは怒られた人に移るわけです。そして怒られた人はエネルギーを溜め込んでしまうとストレスになるわけです。誰かに怒るか何らかのストレス発散方法で自分の中から出さないといかんわけです。

因果応報というよりも世の中はいろんなエネルギーが出たり入ったりしているので、全部が全部自分が悪いってわけではないんじゃないかと思います。

ただ、自分がもらってしまった負のエネルギーはせめて正のエネルギーにして世の中に送り出してやろうと思えばいいんじゃないかと。

確かに相手が怒るのは自分に原因があるのかもしれないけれど全部が自分のせいではないし、自分を責めても解決しないと思います。

日頃からいいエネルギーを出していればきっと自分にもいいエネルギーが帰ってきますよ!
  • posted by 団毬 
  • URL 
  • at 2007.07/10 00:02 
  • [編集]

かむばっくさ~もん

 >あとで聞いてみたら他の上司もそれでOKだと言うし、私が頼んだ人もOKで、本来彼女が受け持つところではないのです。


 ほら、他人はちゃんと見てますって。

 そういうのが巡り巡って、シャケみたいにデカくなって還って来ますよ。今は激流に揉まれてても、大丈夫。激流は身の締まった美味いシャケを育むのですから。立派なシャケになるから(笑)。

 そしたら、私がトバにしてあげますから~。
 
 ちなみに、話の本筋が見えないので参考までに伺いますけど、もしレンゲ姐が上司の立場で今回のような出来事があったら、どのように動きます?

 そういうシュミレーションはバンバンやっといた方が良いかも。
  • posted by フクフク丸 
  • URL 
  • at 2007.07/10 05:02 
  • [編集]

それから・・

>でも、今回怒鳴り散らされたことは、正当なこととは思えなかった。
↑ここがレンゲちゃんの救われるところだよ。

私は自分よりかな~り若い上司に正当なことでよく叱られてました。

そんな重箱の隅つつかなくても・・・と思うような事でも、正論は正論なんです。

正論っていうのは、それだけで強者になります。
だって間違ってないのですから・・。
言われた方は逃げ場がないんです。
ただただ自分が惨めです。


そういう意味においては今回の出来事はレンゲちゃんには逃げ場もあるし言い分けもできるし、上司を恨むこともできるし悪口も言える。


そう思ったら気が楽になりませんか??




って、そんな事に凹んでる場合じゃありませんよ!!
もう心の準備はできてますよね!

明日は11日。100番代のチケットを握り締めて!!
池池ゴーゴー!!




  • posted by nya-5 
  • URL 
  • at 2007.07/10 16:52 
  • [編集]

お久ぶりです

PC復活しました(*^^)v
レンゲさん
人間は合う人、合わない人、好きな人、嫌いな人がそれぞれ居ると思います。
嫌いな人に合わせようとすると心が壊れていきます。
辛い、納得いかない事もあると思いますが…負けないで下さい。

レンゲさんのお友達は、熱くていい人ばかりじゃないですかv-10
剛が待っていますよv-238
剛のうちわ作って、笑顔で逢って来て~(*^^)v

★団毬さん★

おおきにっ!
自分がもらってしまった負のエネルギーはせめて正のエネルギーにして世の中に送り出してやろうと思えばいい
この言葉は、かなり元気にしてくれましたよ~。
なるほどそうですよね。
落ち込んでたら、また負のエネルギーを出しちまうよね。

全て自分が悪いのではない・・・そう思うと救われるよ。
明日からまた、いいエネルギーをいっぱい放出して、世のため人のために頑張りま~す!
ワタシって単純w。
  • posted by レンゲ 
  • URL 
  • at 2007.07/10 19:51 
  • [編集]

★丸ちゃん★

フクフク水産によってトバにされるのは大変光栄なので、頑張って逆流をかけあがりたいところで~す!
見てる人は見てる。そうだな。
今日もそういえば、そう思えるところがあったよ。

ワタシが上司の立場で今回のことがあったら・・・・
と考えると・・・・特にない (・∀・)
普通にやってるな~って思うんじゃないかしらん?
普通のことを当然のように普通にやっていたんだもん。

もし、自分がやろうと考えていたなら、「こういう件があったら●●さんではなく、今回はワタシにまわして!」と前もって伝えておきます。
  • posted by レンゲ 
  • URL 
  • at 2007.07/10 19:58 
  • [編集]

★nya-5たん★

ありがとうね。気が楽になって、だいぶ池GOな感じですよ(・∀・)

確かに、本当に自分が悪いと気付かされたときは、凹むよね・・・
しかも、年下だったらもっと凹むわ。

もうカンペキに気持はZeppだからまかしといて!
針が振り切れるくらいに、びんびんプラスに傾いてますから♪
  • posted by レンゲ 
  • URL 
  • at 2007.07/10 20:01 
  • [編集]

★仁子ちゃん★

仁子ちゃん、おかえり~。PC復活したんだ?
良かったね。会いたかったわ~ ヽ(・∀・)ノ

本当にいい仲間がたくさんいてくれて、ありがたいです。
ワタシが困った時、いつも本気でアツク語ってくれるのが何より嬉しいですね。
本当に禿げ身励みになります。

いよいよ明日よ~っv-10
ラストだから燃えるだろうな~。ちゃんと終わるのかいな??
あさってちゃんと仕事に逝けるのか不安だけど、
逝って剛のフトコロに抱かれてきまーす♪
  • posted by レンゲ 
  • URL 
  • at 2007.07/10 20:06 
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • at 2007.07/11 22:47 
  • [編集]

★鍵コメさん★

色々お忙しい時なのに、お気遣いありがとうございます。
参考にさせていただきます。
・・・いつ頃帰国でしょう・・・?
(つーか、今どこだ??)
  • posted by レンゲ 
  • URL 
  • at 2007.07/13 19:29 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

メニュー

Tsuyoshi Nagabuchi

Official Web Site

 

プロフィール

野々咲 レンゲ

  • Author:野々咲 レンゲ

  • バツイチ、子なしの長渕ヲタです。
    気分がのったりのらなかったり・・・

    苦情・メールは menu3からドゾー。




檻の中にいるヨーソロー

現在の閲覧者数:

魂を売ったヨーソロー

★2007年からのご来場者数★

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のコメント

最近の記事

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。