「R」 あ~る指定。

長渕と共に おはようからオヤスミまで暮らしをみつめてきましたが、只今休止中です

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嗚呼!素晴らしき古本

先日、知人から借りて読んだんですけど、久々に漫画で泣きましたよ、ワタシは~っ。 

まんがで読破─島崎藤村 「破戒」

士農工商のさらに下の身分である「えた・ひにん」 というのを社会で習った記憶がありますが、その「えた」である男の話。差別を恐れて身分を隠して生きていく男の苦悩の人生。そして彼の最後は・・・・。
 

で、原作の「破戒」を求めてBOOK OFFへ。
そこでまず。レンゲ父に頼まれた、遠藤周作の「侍」。
ワタシも遠藤作品のファンで、自分も読みたかったものなので即買♪

 
あとは踏み台を借りて高いところの本をさらっと立ち読みして、降りた目の前にちょうどワタシの好きな飯田史彦氏の本が~!ヽ(・∀・)ノ
 
「生きがいの真実」 と 「ツインソウル」。

「これは意味のある偶然だっ!」
 と無理矢理シンクロと思う事にして、買わざるを得ないのでやはり買い。 

**********************************************

話はちょっと変わるけど、先日、オーラの泉にアグネス・チャンが出ていたの、見ました?
アグネスのお父さんって人がなかなかの人物だったようで、
「地位や名誉、財産などは奪われる恐れがあるが、自分の頭に入れた知識や考えは、誰にも奪われる事はない」と言ったとのこと。
その言葉にアグネスが妙に納得して、芸能活動を休業して、カナダの大学に留学したとか言ってました。 


本を読んだり映画を観たり歌を聞いて感動したり、色んな事を考えたりする。
そして自分の心や頭に残った物は、例え自分の環境や年齢、境遇が変わっても、永遠に自分の中に残り続ける・・・。

しかもそれが1500円の新品であっても、100円の古本であっても、得られるものが同じなのだから、ものすごいお得で素晴らしいじゃないか~!

********************************************

さ~、読むぞ~♪(*^ー^)ノ



あれ? 「破戒」・・・・・・買うの忘れた ゚(゚´Д`゚)゚。

Comment

見ました!

アグネス父のお言葉には、私もグッサリきました。そして、誰かにいつかパクって語ろうと頭に叩き込みました。
素晴らしい父でありますね。
自分の家族を二の次にして、親戚に援助していたという。なかなか出来ませんよね。
  • posted by hi_me 
  • URL 
  • at 2007.12/01 22:53 
  • [編集]

NoTitle

アグネス父のお言葉すばらしいですね。

しかし、私の年齢になると自分の頭に入れた知識すらも奪われそうになります。
ハイ・・自分自身にです。

物忘れ(´△`)↓ ヤダ



  • posted by にゃ~ご 
  • URL 
  • at 2007.12/02 01:47 
  • [編集]

素晴らしい・・繋がり

剛さんのスタッフのピ-タ-さんが、またまた優勝されたとか。(以前ロックオンにも何かの大会の金メダルが飾られていました)凄いですね。こんなに、ツアーで忙しい合間での試合で、優勝だなんて!北京、間違いないんじゃないですかね*^^*
障害を障害と思わず、鍛えぬいて健常者の時よりも強くなっていく。
目的意識って大切なんですね。
ピ-タ-さん、おめでとう★★★★★
  • posted by hi_me 
  • URL 
  • at 2007.12/02 07:38 
  • [編集]

へ~

レンゲさん読書家なんやね~。俺も推理小説とSFが好きなので(漫画もたまに)、結構本屋には行きますよ。BOOK OFFなんかもたまに行くけど、いわゆる昔ながらの古本屋が好きやなあ。あの雑然と積み上げられた本の山々とか、両脇が本で埋め尽くされた棚の狭い通路とか、古本屋独特の匂いとかがいいねん。消え行く物への憧憬、とでも言うんかなあ・・。でもいっつもトイレに行きたくなるんやけど(しかも大のほう)笑。アグネスの親父の言葉には俺も納得したので、推理物以外にも挑戦してみるか!先ずはレンゲさんの親父さんご愛読の「侍」から始めてみようっと。では!
  • posted by 一刻者 
  • URL 
  • at 2007.12/02 10:49 
  • [編集]

★hi_meちゃん★

アグネスパパのお言葉にグサッときて、さっそくパクってこうして語っているのはワタシですが、何か?
そして今なお父の意思をついで人の為に活動しているアグネスもエライ!

ピーターさんも尊敬しますね、人として。
世界的に偉人と言われる人々が大勢いますが、普通に生活している中にも尊敬に値する、立派な生き方をしている人がたくさんいますよね。
障害の有る無しには関わらず、自分の限りある生命の中で、自分に与えられた条件の中、能力や力を精一杯社会の中で活かしきることができる人・・・それが素晴らしい生き方だと思います。
自分の中に限界を作らずに、挑戦し続ける人ってステキですよね~♪
剛のエネルギーがピーターさんにさらに力をつけ、そしてピーターさんのエネルギーが、剛にとってもきっとプラスに作用していくんでしょうね。いいっすね!
  • posted by レンゲ 
  • URL 
  • at 2007.12/02 10:53 
  • [編集]

★にゃ~ごたん★

ああ・・それを言っちゃ~おしまいよぅ・・・。
ワタシも詰め込んでく知識よりも、なんか出て行く速度の方が速くて、追いつかないっすよ~。

でもさ、忘れられるのも人間の特権ってことで、都合良く考えよう~(笑)。
でも人のご恩だけは忘れないようにしたいですね。
  • posted by レンゲ 
  • URL 
  • at 2007.12/02 10:56 
  • [編集]

★一刻者さん★

ワタシも昔ながらの古本屋って好きですよ。
きちんと整頓されたBOOK OFFとは違った、あの雑然とした中に意外なお宝を発見できそうな雰囲気がたまらん(笑)
本の臭い→トイレ って人は多いみたいですけど、あれって何なんですかねえ?紙のにおいがトイレットペーパーを連想させるのかしらん?

推理小説かぁ~♪ 昔は松本清張なんかを読みましたよ。単純な列車のトリックとかだけではなく、その裏の社会的な問題や人間の奥深さとかが面白くて好きでした。
あと推理ではありませんが、遠藤周作作品は好きなのでだいたい読みました。
ほとんどが宗教的な内容が絡むので、嫌いな人は嫌いかもしれませんが、なかなか深い作品が多いですよ。
「侍」は、先に父に取られちまったので、まだ読むのは先になりそう・・・(泣)

アグ父(←何でも略すなw)は立派な人ですよね。あの父にしてあの娘ありですね。
さあ~、せっかくもらった脳みそ、フル回転でまいりましょう!
  • posted by レンゲ 
  • URL 
  • at 2007.12/02 11:07 
  • [編集]

こんばんわ

どうやら頭が「破壊」してるようだ・・・
アグネスのお父ちゃんの言葉も素晴らしいけど、カンボジアにてボランティアの女性の言葉も印象深かったよ
「口だけ~、感動の涙はいらないよ~」ってね
「人それぞれ「役目」を持って生きている!その役目を果たしなさい!」
可愛そう、お気の毒はいらない そういうセンチメンタルは不必要! それより貴方が今出来る役目を果たしなさい! 目の前で助けを求める人たちに実際手を出して自分の出来ることをしなさい。実際に行動しなさい。
世界はこういう人たちを望んでいるのだろうね(^^)
  • posted by おやじ 
  • URL 
  • at 2007.12/02 22:27 
  • [編集]

★おやじ殿★

頭が破壊とは、これまたステキなお言葉~♪ヽ(゚∀゚)ノアハハ・・・

そうでしたねぇ、カンボジアの女性。あの方は本当の意味で強くて、そして真実の愛が何であるかを知っている方でしたねえ。同情することは容易いけど、実際にあの状況を目にして動ける人間がどれだけいるか。自分も含めて・・・。

「自分の役目を果す」。鋭いけど大事な言葉だよね。
  • posted by レンゲ 
  • URL 
  • at 2007.12/02 23:09 
  • [編集]

忘れてませんか?

私の【役目】って何だろう。。答は、ナッシング。くょくょ~するなょお。
とりあえず、今夜の役目として。
読書に励まれているレンゲさん!
後、一週間をきりましたよ。
お肌のお手入れ、仕上げの時ですょ★★★蒸しタオルに化粧水パック!
手抜きはダメですょ♪
  • posted by hi_me 
  • URL 
  • at 2007.12/02 23:56 
  • [編集]

★hi_meちゃん★

ワタシの【役目】って?・・・ 答えなどはじめからなぁ~い♪あるのは今、確かに「ワタシ」ここにいるぅー。

をおおお~!ガンジス歌ってる場合じゃネーや。代々一が目前にせまってまいりやしたぁ~っと。晴れの日に備えて、顔の筋トレに励んでいますよ。
パラソルぱらぱらパペピプペポパッ!
  • posted by レンゲ 
  • URL 
  • at 2007.12/03 21:39 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

メニュー

Tsuyoshi Nagabuchi

Official Web Site

 

プロフィール

野々咲 レンゲ

  • Author:野々咲 レンゲ

  • バツイチ、子なしの長渕ヲタです。
    気分がのったりのらなかったり・・・

    苦情・メールは menu3からドゾー。




檻の中にいるヨーソロー

現在の閲覧者数:

魂を売ったヨーソロー

★2007年からのご来場者数★

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のコメント

最近の記事

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。