「R」 あ~る指定。

長渕と共に おはようからオヤスミまで暮らしをみつめてきましたが、只今休止中です

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

剛とレンゲの★愛のROCK’N VOICE★

アルバム『LOVE』、聞き入ってるか~い!
久々のROCK’N VOICE・・・
今回は見逃さなかったよ。
↓それでは今夜もこっそり・・・↓

『人を好きになるとなぜ苦しくなるのだろう。
やっぱり、テーマは「愛」ですね。確かに人を好きになると、せつなくなりますね・・・。
それでもご飯は喉を通るんですが、なんでだろう。

愛し始めたその瞬間から いつかきっと、このひとと別れててしまうのでは・・・ともう一人の自分がつぶやいている。
エッ(゚Д゚;≡;゚Д゚)マジ?! 剛でもそんなこと考えるんですかっ!
ワタシもこれまでいくつか恋愛をしてきたけども、いつも始まった瞬間から、終わりが来る事を考えるくせがついてるんですよねぇ~。('A`)

もっと好きになって、もっと愛して、
「今」を焼け焦げるほどに、人を愛して生きていたい・・・。

「今」を焼け焦げるほどに・・・か。まさに「激愛」ですね。
それほどまでに人を愛せたら、素晴らしいけど苦しいだろうな。
それは同じくらいに「愛されたい」と思ってしまうから?
だんだん年齢を重ねると、そんな激しい愛よりも、穏やかな愛を育みたいと思ってしまう今日この頃。
永遠の25歳!まだまだ激しく行かなきゃダメかな。

俺はね、人間(ひと)は、やっぱ誰かに愛されて生きていると思うんだよなぁ・・。
そうですねぇ。恋愛だけに限らず、たくさんの人々の「愛」に囲まれているから生きていけるんですよね。

久々、胸がキューンとなるよなアルバム「LOVE」と「SONGS」をみんなに届けるからな・・・。
とにかく一度 聴いてみてくれ!!

お~♪聞いてる聞いてる!「LOVE」聞きまくってますよ~。
一生懸命心をこめて歌ってくれたNew Vocal達。また、当時の曲を改めて今聴いて、ふたたび新しい感動にであったり。色んな愛の形を感じながら、しみじみ聞き入ってます。
剛、素晴らしいアルバムをありがとう!!「SONGS」も楽しみに待ってまーす♪

今からオマケDVDに酔いしれるぞ~♪


Tsuyosi Nagabuchi
08.5.14 at Rock on

( ゚д゚)ハッ! 14日はロックオンにいたの?

Comment

うずうず.今頃...うずうず!

うーーっ!!なんか聴きたくなって来た!聴きたくなって来た!むしょうに聴きたくなって来た♪どうしよう?どうしよう?どうしようっ♪とりあえず.ギターを弾こうよ~♪(笑)...あ~っ聴きて...
  • posted by ひまわり 
  • URL 
  • at 2008.05/15 21:57 
  • [編集]

LOVE

「穏やかな愛を育みたいと思ってしまう今日この頃」と書いておられますが、私も同感ですよー。
おじいさんとおばあさんが手を繋いでほのぼの散歩しているのを見ると、「歳をとったらあんなふうになりたいな」と思います。

レンゲさんのおっしゃるとおり愛って恋愛だけじゃないですね。
それに人間に対する愛だけじゃなくて植物や生き物に対する愛もあるし、故郷に対する愛もあるし…。
最近父に寂しい思いをさせてしまったことがあったんですが、その時の父は自分のことよりもこちらのことを考えてくれて、親の愛って深いなあ、本物だなあと思いました。

「LOVE」はいいですね。1枚通して聴くと本当に心地いいですよね♪
  • posted by mar 
  • URL 
  • at 2008.05/15 22:29 
  • [編集]

今回は・・

難しいお題で・・(笑)
何か書きたいと思ったけど、上手い言葉が浮かばない。

うん、終わりを考えてしまうという気持ちは解るなあ。
この世界で俺の事を思ってくれてる人(恋愛に限らず)がいるのかって事考えたこともあるし・・。

・・・やっぱ今回は難しい~(笑)
  • posted by 一刻者 
  • URL 
  • at 2008.05/15 22:58 
  • [編集]

★ひまわりサン★

そりゃ~聞きたいに決まってるよ。こっちなんか今聞いたばっかりなのに、もう聞きたいんですから。
とりあえず、試聴だけして気を紛らわせれば(笑)?
我慢は良くない。便秘になるYO!
  • posted by レンゲ 
  • URL 
  • at 2008.05/15 23:19 
  • [編集]

★marさん★

このアルバム、marさんも言ってたけど、すべての曲の流れがいいんだよね~。曲のエンディングから、次の曲のアタマへの流れが綿密に計算されてる気がしますよね~。
new vocalとオリジナルの、いい感じの流れがとても心地良い。

今言われてみて、故郷に対する愛はうっかり忘れてました(笑)。「俺の太陽」がどうして今回のアルバムに入ってるのかなぁ~・・・って思ってたけど、そうか!
「この日本(しまぐに)を愛してる」これですね♪
お父さんに寂しい思いをさせてしまったとの事ですが、多分親って、こちらがそのことを後悔しているって事まで、感じ取っているものじゃないかなぁ・・・って、最近は思いますよ。
「寂しい思いをさせてしまった」と思うのも「愛」ですね♪

最近は、「静かな愛」が心地いいと思うようになってきました(笑)焼け焦げるほどの炎のような愛よりも、今は湯たんぽみたいな愛がいいかな(笑)
  • posted by レンゲ 
  • URL 
  • at 2008.05/15 23:31 
  • [編集]

★一刻者さん★

お題ってねぇ~、笑点じゃないんだから。
でも実際、いつも「終り」を考えてしまうよ。恋愛に限らずね。
家族でもそう。
そう言えば剛も、(レオに対して)「十数年しか一緒にいられないんだから、その短い時間をめーいっぱい愛して一緒に過ごしてやりたい」みたいなことを言ってたよね。
終わりを意識するからこそ、今ある「愛」を大事にしようと思えるのかもしれないよね。

ワタシも一刻者さんとちょっと似てるんだけど、「自分が死ぬ時、まわりには誰がいるんだろう」とかたまに考えるよ。
愛する人に囲まれていたいよね。できたら。
  • posted by レンゲ 
  • URL 
  • at 2008.05/15 23:37 
  • [編集]

「愛」  母の日の続きになりますが、

「母の貯金」  
知ってる人もいるかも知れないけど・・・・

http://sakura-m.whitesnow.jp/f_hahatixyokin.htm

私は若い頃、父親が嫌いでした。
ある程度の年齢になって、ようやく父を理解できるようになった矢先、父は突然死んでしまいました。

明日という日が必ずしも来るとは限らないことを知り、家族が毎日を普通に過ごせることがどんなにすばらしいかを知りました。
あなたに謝りたいと言ったら、ここにはゆっくり来いやと言われそうです。
お父さん。本当は私、ずっとずっと妹みたいに、あなたに甘えたかったんです。

愛する者達との平凡な毎日こそ、「愛」そのものだと思います。

  • posted by にゃ~ご 
  • URL 
  • at 2008.05/16 01:42 
  • [編集]

にゃ~ごさん!

私も、父の事は嫌いとかいうよりも、私の中に無かったという方が正しいかもしれません。姉が子供の頃は、時間的にも余裕があったし、相当な可愛がり様だったらしい。だから、姉はかなりのファザコンです。しかし、私の子供の頃になると忙しくて、日曜日も仕事、毎日が午前様か朝帰りでした。顔を合わすのは、週に数時間でした。毎日夕食のおかずは、1人分ずつ余って行く、何時に帰るのか判らないのに、お風呂は、熱くしておく ・・・何故、電話一本がかけられないのか。怒りしか無かったです、その頃は。
しかし、定年になり、これからノンビリって時に67で亡くなったのですが、
友達がいない母が一人でも大丈夫な様に、人間関係をいつの間にか作ってあったり、会社での姿を聞いたりして、母に対してベタベタとした優しさは無かったけど、もっと、大きい愛情があったのだと思いました。
もっと、父の立場から見ていたらなぁと気付いた時は、遅かったですね。

愛に縁が無く、今迄生きてきたと思ってきましたが、実はいろんな愛に囲まれていたんだなと思いつつも、この先を考えると、最後は一人なんだなとも思う。

だからこそ、今は色んな愛をかき集めたいです(笑)。
  • posted by hi_me 
  • URL 
  • at 2008.05/16 02:28 
  • [編集]

【ぴあ】を読んで

今週号に4ペ-ジのインタビューが載っていましたが、
心に残ったのは、

「俺は、誰かにとって必要な歌を作りたいんだ」

という言葉と、

「歌ってのは、ようは響きなんだよ。小手先で、どれだけうまく歌っても、それが響かなったら歌じゃないんだょ。うまいとか下手とか基準の話じゃなくて、届くか届かないかというもっともっと切実なものなんだ。」

という言葉でした。

・・・・・納得。
  • posted by hi_me 
  • URL 
  • at 2008.05/16 02:46 
  • [編集]

あれも愛♪これも愛♪

愛っていうと、男女の恋愛が一番歌われるんでしょうが、愛ってそれだけじゃないわけで・・・・駆け引きや独占欲やらがどうしても、付いてくるし・・・。親や動物から受ける見返りを求めない無償の愛は、生々しい感じがしないだけに、ともすると存在感が希薄になってしまう。愛だ!愛だ!と意識するようなものではなく、そこに何気なく「ある」ものだから。恋愛や仕事への愛は見返りを求めるものだけど、それだって立派な愛。いろんな種類の愛が人間には必要なんだな~ってこれを書きながら思っています。


最近の私は心中してしまったある作家についての本をよく読んでいるのですが、昨夜は心中相手の女性が残した日記を読んでいました。世間では無理やり心中させた悪女の噂を立てられたそうですが、全然ちがう・・・。読んでいたら突如「結晶」が頭の中で再生されてしまい、昨夜から「結晶」モード・・・・・こんな爽やかに晴れている朝なのに・・・・(^^;)

さ、今日は息子が修学旅行から帰ってきます。頼んでおいた土産はとどくでしょうか?見返り♪見返り♪(笑)
  • posted by なみ 
  • URL 
  • at 2008.05/16 10:09 
  • [編集]

★にゃ~ごタン★

しゃぼん玉見てたもんで、遅くなってゴメンよ。

そっか・・・にゃ~ごタンの若い頃はお父さんがダメだったんだね。ワタシは母とうまくいってなかったんだけど。
その時は煩わしいと思っていた親の気持ちが、今になって身に染みてわかることがあるよね。
でもきっと誰もがみんな、そんな甘酸っぱい時間を通って成長していくんだと思うんだよ。
そして自分が親の年齢になったころ、当時の親に自分を重ねて見たりしてね。

いつかあの世で再会したとき、「あの時はごめんよ!でもワタシも成長したでしょう?」って、報告できるといいね♪

特別な時間じゃなくて、平凡な毎日の中にこそ本当は大切な「愛」がいっぱいあふれているって事を、たまに思い出さないとダメだよね。
  • posted by レンゲ 
  • URL 
  • at 2008.05/16 23:48 
  • [編集]

★hi_meちゃん★

hi_meちゃんの子供の頃は、お父さんとの時間があまりなかったんだね。子供たちのために一生懸命働いて、その忙しさのために子供は寂しい思いをする・・・。
複雑ですね。何が幸せかわからなくなってくるよね。

hi_meちゃんがその時のお父さんの立場で考えられるというのは、それも内観ですね。
相手のその時の立場になって見てみると、許せなかった事が許せたりする。 
ちっとも遅くないですよ、それに気がついたんだもん。


ぴあの記事、そんなこと書いてあったんだ?
声がどうの、歌がどうのって言っても、結局は剛の歌にひかれてしまう。やっぱりそれは「心の響きが届く」からなんだな。
うん、納得だ。
  • posted by レンゲ 
  • URL 
  • at 2008.05/16 23:56 
  • [編集]

★なみチャン★

なみチャンの書き込みを読んで、「う~ん、そうだなぁ」って。
「そこに何気なくなるもの」これこそが実は本当の理想の「愛」なのかもなぁ~。

押し付けでもなく、ひっそりと、気付かないけど常にある。
そんな愛し方ができる人間でありたいですね。
ついつい見返りを期待したり、さらには同じだけの愛を求めてしまいがちだけど・・・。
「一心不乱に人を愛しても 何も返って来ないなんて思わないで・・・」あ!これか♪

で、息子のお土産、なんだろね♪
つーか、見返り期待して、お小遣いは何億万円やったの?
  • posted by レンゲ 
  • URL 
  • at 2008.05/17 00:02 
  • [編集]

★にゃ~ごタン:追伸★

重くて見れなかった「母の貯金」、今朝見ました。
朝っぱらから涙がボロボロこぼれてしまったよ。
そして、やっぱり人はこの世を去っても魂は愛する人と繋がっていることを確信しました。

この動画の「僕」のように、一生懸命生きること・・・それで、亡くなった方への本当のお詫びができるんだと思いました。
  • posted by レンゲ 
  • URL 
  • at 2008.05/17 08:16 
  • [編集]

.....

.....レ.レンゲさんが..涙を流してる時にっ!!...バンッ!バンッ!...おいらのばかっ!バカヤロウ...(いちごの歌なんか考えてる場合じゃなかった..)
にゃーごねーさん!僕も
じっくり見て本気で考えます!
また来ます!!
  • posted by ひまわり 
  • URL 
  • at 2008.05/17 21:35 
  • [編集]

★ひまわりサン★

ほんとにアナタって人はイイ人ですねぇ~(笑)
いちごの歌、せっかく考えたんだから披露してくださいよ。
キャスティング発表もしたことだし!

でも、この「母の貯金」はいい話だったからお薦めですよ。
本当に朝から泣いたもん。
時間あったら見てくださいね★
  • posted by レンゲ 
  • URL 
  • at 2008.05/17 22:25 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

メニュー

Tsuyoshi Nagabuchi

Official Web Site

 

プロフィール

野々咲 レンゲ

  • Author:野々咲 レンゲ

  • バツイチ、子なしの長渕ヲタです。
    気分がのったりのらなかったり・・・

    苦情・メールは menu3からドゾー。




檻の中にいるヨーソロー

現在の閲覧者数:

魂を売ったヨーソロー

★2007年からのご来場者数★

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のコメント

最近の記事

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。