「R」 あ~る指定。

長渕と共に おはようからオヤスミまで暮らしをみつめてきましたが、只今休止中です

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【長渕FC:昔の会報シリーズ(?)その1】 

FCの会報が並んだ棚の中。
封筒は、黄色、水色、グレーと、お好みに応じて3種とりそろえてございま~す(・∀・)
20080621140846.jpg
 
【昔の会報シリーズ】第1回目の今日は(続くんかいっ)、ささくれだった薄汚ねえ古畳のうえ、梅雨にふさわしいグレーをチョイスしてみました.゚+.゚+.゚

あっ。うち、フローリングでした。

ま、とりあえず出してみまーす。


♪何が出るかな 何が出るかな 
♪ちゃらちゃちゃっちゃん ちゃらちゃちゃーん・・・・

Vol.14出ました~('∀`;) 
FC会報4年目のやつです。



20080621141643.jpg



なになに?「FAN CLUB を語る」ってのがありますぞ。

20080621141813.jpg


時はJAPAN93の ネ申 時代。
この時の年会費が3500円だったとは、ちょっとショッキングじゃな~い?(※色んな意味含む)

そんなことはどーでもよくて、(よかーないけど)中身を読んでみますよ。
たいがい1回くらいしか読んでないから覚えてないのでございま~す。
えっと、別にそう言う意味じゃなくてぇ~、手垢がつかないように大切に保存してるというかぁー。


俺たちも含め、みんなその先の事実、そして真実を読み取り、判断する力を持たなければいけないと痛感する。ぼやぼやしていると、だまされる。だまされ続けて、気がついたら戦争に巻き込まれていたなどという、とんでもない事態にだってなりかねない。今という時代は、それくらいの危機感が必要だ。
 
ひとりひとりが個人としてしっかり認識して立たなければ、簡単に波に飲まれてしまう。それは日常の中の小さな出来事から、友情、恋愛、結婚、下底という人間関係、そして国家レベルのことまで、共通する事だと俺は思っている。
時代の流れは止められないけれど、だからこそ今、手遅れにならないうちに、俺たちは自分の足元をもっと見つめなければいけないんじゃないだろうか。自分らしく生きたいというなら、結局、現実を苦しくてもしっかりと認識して、考えて、そこから自分ではじめるしかない。そうしなければこれだけ情報が氾濫している中、何が真実なのか、どこが自分の一番輝ける場所なのか、選択すらできなくなる。


15年も前のものですけど、確かに今、そのとおりになってきている気がしますね。
今の世の中、本当は何が真実なのか、わからないことが多すぎる。
もっと「自分」というものをしっかりみつめなければならない。
もっと確立された「個」と「個」の関係が必要だ。
いつだって、ただ流れに流されていては、自分らしく生きられない。


この頃のファンクラブには、「自分の悩みを聞いて欲しい」とか、そんな手紙が増えてきていたらしい。
「この長渕剛クラブが、欲求不満のはけ口になるとしたら、あまりにも悲しいことだ。それはマイナスの感情であって、何も生み出さず、むしろ壊していくだけである」とあります。
なんとなく、「この人ならわかってくれるだろう」的な感情を持ってしまう気持ちもわかる気もするけどね。 

ファン心理として、追っかけもしたいしプライベートも見たいという気持ちはわかる。でも、そう思っても、やらない人格であってほしいのだ。俺の歌に感動したというファンなら、理解してくれると信じている。

当時は「カリスマ」と呼ばれた時代で、そういう困ったファンも今以上に多かったんだろうな。


そんな、93年の会報でした。
ぼちぼち黄色いのも届きそうな、今日この頃♪

Comment

「普遍性」

おお~っ!!懐かしい・・・と言うよりは「ついこないだ」の様に感じる な~。俺もファンクラブに入っていたな。確かこの頃は「危機感」や「今・今・今」とか言ってなかったっけ?感受性豊かなお年頃だった俺はまともにど真ん中でしたー。
「いつの時代も底流に流れるものは一緒!」
いつか聞いた様なこの文、好き。
「時代がどんなに変わっても、人の心や愛は「普遍」である!」
そう信じて生きて行きたいのです。
  • posted by ひまわり 
  • URL 
  • at 2008.06/21 22:29 
  • [編集]

★ひまわりサン★

ついこないだ・・・って、じーさんかよっ(笑)
ひまわりサンも、この当時からすでにファンクラブ会員?

最高の地位にいたであろうこの頃ですが、本人は危機感を感じていたと思います。自分の事だけじゃなく、世の中に対しても・・・。
この当時の文章を読み返してみると、剛の「芯」みたいなものはこの頃から変わってないような気がするね。

「苦しくても現実をしっかりみつめて、そこから逃げないこと」が、自分らしく輝いて生きていくための近道なんだな。
  • posted by レンゲ 
  • URL 
  • at 2008.06/21 23:17 
  • [編集]

へいいちろう

ロゴマークは旧版の方がカッコよろしいな。
グレーは印象があるが・・・
水色なんてあったっけ!?(短期間かな)
気づいたら黄色になっていたっけ。ま、封筒のことはどうーでもいい!それより封筒ごと保存されているのがすごい、素晴らしい。

ネ申 時代・・・青春真っ只中の僕には
「時代の流れは止められないけれど~足元をもっと見つめなければいけないんじゃないだろうか。」
なんてところをかぶり付いて読んでいたのを思い出すな~v-87
危機感があったねえ。もう半端なくね。で、あのころのそういう記述を真っ当に受けてねえ、感受性豊かなお年頃に。そう考えると、私の精神にはすごい大きな衝撃だったんだろうなあ。ものすごく。
そうそう、JAPAN93がネ申初体験物語の序章だったんだよ。
  • posted by 名無しのなっちゃん 
  • URL 
  • at 2008.06/22 01:34 
  • [編集]

剛氏の本気のエールですね

本当に貴重ですね。
この写真の剛氏、凄くいいですね。

私は去年初めてファンクラブに入ったので、黄色い封筒のものしか持っていませんが、ポストに黄色い封筒があると嬉しいですよね!

兄が中学生頃から剛氏のファンで、高校生頃からファンクラブに入ったようでしたが、私には会報を見せてくれませんでした。
兄も今でもずっと持っているのかなあ…と思いました。

「この長渕剛クラブが、欲求不満のはけ口になるとしたら、あまりにも悲しいことだ。それはマイナスの感情であって、何も生み出さず、むしろ壊していくだけである」

という言葉は、剛氏からの真剣なエールですね…。
そうですよね。依存しきってしまうことを剛氏は望んでいないんでしょうね。

強くなって欲しいんだ、という剛氏の思いが伝わってきました。
いいものを見せていただいて、ありがとうございましたp(^-^)q
  • posted by mar 
  • URL 
  • at 2008.06/22 07:27 
  • [編集]

【鬼気迫る勢い】

14年前ってぇと、剛が37とか38ぐらいですね。

古きよき時代のブチツヨはすごくいいですよねぇ。
残念ながら当時はFCに入ってなくて。
今考えたらもったいない話なんですが。

当時は、FC入会、LIVE観戦の2つの発想がなぜか無かったんだなぁ。
たぶん、『チケットなんて取れるわけない』か『チケットの取り方がわからない、調べない』だったんでしょう。

ものっ凄い田舎モンだったからなぁ。

右も左も常識も知らぬうら若き自分。
まさに純情地獄の青春時代だったってこってす。

しかし、さすがはレンゲちゃん。
感服です。
また凄いのを見せてくださいまし。

  • posted by ローディー♪ 
  • URL 
  • at 2008.06/22 07:57 
  • [編集]

★へいサマ★

ロゴマーク、ワタシも昔のヤツの方が断然カッコいいと思う!

水色封筒の期間は長いですよ。うちにあるやつ、黄色より多いもん。


剛の ネ申 時代・・・。
人生で一番悩み多き時をこの時代に送れたことは、本当に幸運でしたね。我らにとって大きな財産であります!

この時代の彼の音楽や言葉から、数多くのことを吸収し、さらに、その後の物事を考える上での土台や基礎が作られ、今の自分ができあがったのだと感じられますよ。
  • posted by レンゲ 
  • URL 
  • at 2008.06/22 08:19 
  • [編集]

★marさん★

この当時の写真、大好きなんですよねえ・・・♪
神懸り的オーラがたまりませんっ。

へぇ~。marさんのお兄さんもファンだったのですか!♪
うらやましいなぁ、兄弟そろってファンとは♪
今でも過去の会報、きっと大切に持っているんじゃないですか?

当時のファンクラブには、自分の悩み事を書いてくる手紙が増えていたらしく、それを悲しく思っていたようですよ。

俺のステージに感動したという手紙は嬉しいが、それにとどまらず、自分はこう言うことを頑張っているということを聞かせて欲しい。俺もみんなに感動したいんだ。今日はどんな手紙が入っているだろう
ということばで締めくくられています。

自分の歌を聞いて感動したなら、さらに自分の足でもっと前に進んで欲しいと願っているんだと思います。
ステージを見て、その時だけ 「あー感動した!」で終っちゃったらダメなんですよね・・・・。
そこで得たエネルギーを明日の自分につなげなければね!
  • posted by レンゲ 
  • URL 
  • at 2008.06/22 08:27 
  • [編集]

★ローディー♪ちゃん★

この頃さぁ、FCに入っていた職場のパートのおばちゃんがライブのチケットをとってくれて、それがものすごい良い席だったのがきっかけで、そのあと即FCに入ったんですよ。

ワタシもFCとライブチケットの発想がなかったんですよねえ。
世間知らずのいたいけな少女だったもので(笑)

また何か探してみますわ~。
  • posted by レンゲ 
  • URL 
  • at 2008.06/22 08:51 
  • [編集]

そこから14年?

そんなに経つのか。やっぱりなー、月日をわざと無視していただけに・・。 37、8の歳。・・・近年かなり思うのだが、自分とそうかわらぬ年齢・・・・ただただ・・驚きなんですよっ!
そうだ♪あの頃はファンクラブに入ってなきゃ、コンサートチケットは取れないと思ってましたね。初参戦はJAPAN最初のTourでさー、入場してきた剛が遠くに見えて・・・あの瞬間を今でも鮮明に覚えている。目頭あつくなった~感動で!!(ちっちゃくね、見えた)
marさんの話で「依存しきってほしくないんでしょうね。強くなって~」がでたけど、俺は思うな。剛も、剛ファンも、みんなそれぞれあの頃より強くなったと俺は思ってる。その道の延長線上が「今」だと。そして「これから」だと!(俺はもちょっとだけ 頑張っかな笑)
へいいちろうさん♪はじめまして、よろしくお願いします。
へいいちろうさんも「感受性豊かなお年頃」だったんですか(笑)
  • posted by ひまわり 
  • URL 
  • at 2008.06/22 09:02 
  • [編集]

エネルギー

ひまわりさんへ
そうですね…以前より少しは強くなれているはずだし、これからも続いていくんですよね。
「目頭あつくなった~感動で!!」と書かれていましたが、お気持ち分かりますよ~!
私も「Come on Stund Up!」コンサートで剛氏が登場した瞬間、どーっと涙が出てきました。うまく言葉になりませんが、熱~い涙ですよね。

レンゲさんへ
剛氏のコンサートに参加した後は、すごく元気になれているのが分かりますね! 「また頑張るぞ~!!」と思えて、1年分くらいのエネルギーが貯まった感じがしました。

それから、すみませんm(u_u)m、先程「兄が中学生の頃からファンクラブに入っていて…」と書いてしまいましたが、「中学生の頃から剛氏のファンで、高校生頃からファンクラブに入ったようでした」の間違いでした。 
こっそり書き直してしまいました。すみませんm(u_u)m

私も18歳位の時に、兄がチケットを取ってくれて、ライブに一度だけ参加したことがありました。
私の席はバックステージだったんですけどね…(T_T)
  • posted by mar 
  • URL 
  • at 2008.06/22 12:57 
  • [編集]

俺は・・

FC入ってないが、友人が入ってるのでよくまとめて読ませてもらってたなあ。この写真覚えてるし、文章も何となく・・。
最後のページのファンによるメッセージコーナーが好きだった。
この友人のおかげで今も良い席がとれる、有難う(笑)

ここでカミングアウト!俺「桜島」行ってない~(泣)
上記のツレと必ず二人で行くのやけど、ヤツも俺もはずせない仕事があって行けなかったんやね~。
仕方ないので俺達の後輩を送り込んだんやけど・・(笑)
あ~やっと言えた。
FCにも入ってなくて桜島も行ってない・・ファン失格かも知れんけど、めっちゃ好きなんや剛が(笑)

へいいちろうさん、「トム・ソーヤ」の件ではコメント有難う!
おかげでレンゲさんにいいいもの見せてもらいました!
これからもよろしくお願いします!
  • posted by 一刻者 
  • URL 
  • at 2008.06/22 12:57 
  • [編集]

【登場シーン】

剛との思い出はみなさんそれぞれにお持ちのようですね。

俺は、以前にも書きましたが、『カモスタ』初参加だったんですよ。

代々木ファイナルでの、登場シーンの演出は身震いするほどかっこよかったですねぇ。
(カモ~んスタンダッボ~ぃのBGMもかなりヤバかった。)
『会いたかったんだよ~。会いたかったんだよ、お前に~(  ̄∀^)σ』
のコメントに、
『俺もだ剛ぃっ!』と叫びながら、涙がこぼれそうになりました。

なんてかっこいいのだっ
  • posted by ローディー♪ 
  • URL 
  • at 2008.06/22 14:59 
  • [編集]

カミングついで

俺も「桜島」は行ってませーん!10何年前は旅行で行きました。それとクラブにも今は入ってません。ほんとに申し訳にゃん。
桜島は「一期一会」なんだからって言ったまではよかったのですが、仕事だよね~。 仙台から鹿児島まで日帰り18切符とかないかな~♪
それとmarさん!お気持ち分かる?わかってもらえたんだぁ♪あちー沸き上がる情熱的なもの!俺もmarさんの気持ちわかるよ♪ありがとう!前から気になってたんですけど・・・なんかblogやってますか?(笑)
  • posted by ひまわり 
  • URL 
  • at 2008.06/22 15:14 
  • [編集]

「俺もだ、剛っ!」の瞬間編

ローディー♪君の気持ちもわかる~わかるわ~!(笑)
俺のその瞬間は、こないだの仙台ラジオに向かって「うんうんそうだそうだっ」て言いましたけど、そんなんじゃないんだな、時は覚えてないんだけど、たぶん「昭和」か「Jeep」の頃だと思う。確かNHKの「みんなの歌」?だったかな~?(タイトルは自信ないです(笑)教えて下さい♪)それのインタビューの中で「長渕さんは自分のファンをどう思いますか?」との質問に対して、椅子に座りながら「(微笑んで)うん、愛してるよ・・・」と言った時、ブラウン管に向かって「俺も愛してるよ~っ!!」って叫んだ時の事を思い出しました。
  • posted by ひまわり 
  • URL 
  • at 2008.06/22 16:00 
  • [編集]

桜島、ライブジャパン

『会いたかったんだよ~。会いたかったんだよ、お前に~』の言葉には、「私も本当に本当に会いたかったんだよ!!」と心の中で叫んでいましたよ。

長い間離れていて去年復活したので、私も桜島に参加していなくて、ライブジャパンやその他のライブの数々にも参加していなくて、後悔することが時々あります。
ビデオで見ることはできるのですが、「あの時ああだったね、こうだったよね」という思いを共有することは出来ないから、寂しいんですね。でも、ビデオでも元気は出ます!

ひまわりさん、一応ブログやっていますよ~(^O^)
こんなブログでよろしければ、一度遊びにきてくださいね!
今ならレンゲさんを思って書いたマンガ絵を用意してございます(o^_^o)
  • posted by mar 
  • URL 
  • at 2008.06/22 17:38 
  • [編集]

【桜島LIVEのすごさは、CDからでも凄まじさを痛感せられる】

結構桜島行ってないんですねぇ

実は俺もmarちゃんと同じくして、去年のカモスタでキャプテン以来の復活をとげたんです。

なんで復活したかっつったら、たまたまうちの会社の最寄り駅の真向かいのビルに「カモスタ」のアルバムリリースの看板があったんです。

「はっはぁ(^o^)、随分長渕剛も変わったなぁ。」なんて思ってて、
後輩が「なんでギャル男みたいなの?」って聞いてきたから、
「知らん知らん(笑)昔は渋かったんだけどなぁ。そん時は大ファンだったんだ」
て言ったら、
「久々に聴いてみたらいいじゃないすか」つって近所のレンタル屋いったんです。

そこで「桜島LIVE」に出会うてしもたんやなぁ

一発目の「勇気の花」聴いてたら涙が出てきた。
「変わってないけど、さらにエネルギーが増したなぁ。貧弱な音楽聴いてたけど、男はだまって長渕剛しかないなぁ」って。

そこから始まりました。

  • posted by ローディー♪ 
  • URL 
  • at 2008.06/22 19:21 
  • [編集]

【長渕とボブがつながった瞬間】

ひまさん、そのNHKって、『達人倶楽部』とかゆう番組じゃない?
それって俺も見た記憶ありますよ。
カリスマ性に対する話をしていて、
『たとえばボブ・デュラン。あるいは、ボブ・マーリーみたいなカリスマ性を持った人間にはやらないといけない使命みたいなものがあるんです。僕もカリスマ性を持ちたいなぁなんてね、思っていた時期もありますけど、カリスマ性なんてのは、まわりが決めてくれるもんなんですよね』

みたいな事を言ってた気がします。

で、『俺のカリスマの長渕がカリスマ性があるというボブ・マーリーを聴いてみよう』つって、ボブ・マーリー聴き始めたら、
たまらんかったんですよ。
ボブ・マーリーのメッセージってすごく熱いんですよ
  • posted by ローディー♪ 
  • URL 
  • at 2008.06/22 19:41 
  • [編集]

剛さんとレンゲさんのおかげ

ローディー♪ちゃんも、カモスタで復活されたんですね。
私はブログ友達から、「その後の長渕剛もとてもいい曲を作っているから、聴いてみてください」と言われて、YouTubeで探し、去年のくりいむしちゅーの番組を見て再会しました。
私も、久しぶりに剛氏を見たとき、「大事な心はずっと変わっていなくて、エネルギーが増している…!!」と驚きました。

くりいむしちゅーの番組の剛氏を見て、今まで感じたことのなかった心の震えを感じて、涙がぼろぼろ出ました。
「昔懐かしい友と語り明かせたような気持ちになった」と剛さんは言っていましたが、私も同じ気持ちになりました。
そのすぐ後に桜島の時の「Captain of the Ship」の映像を見て、何時間も涙があふれて止まらなくなりました。

その後、最新のCDを買って、「Come on Stund up!」でまた剛氏の優しさに号泣し、それからはカモスタツアーに参加できるようにすることが生きる目標になりました。
剛さんのライブを目標にするようになってから、少しずつ何かが変わりました。

剛さんとレンゲさんのおかげで、こんなふうにみんなが出会えて、本当にありがたいですね。
  • posted by mar 
  • URL 
  • at 2008.06/22 20:08 
  • [編集]

それだそれ(笑)そのタイトル!

主が不在で申し訳ありませんが。ローディー♪それだそれ~♪(笑)タイトルが判明しました!流石だな、ローディー♪。
ありがとう。長年なんだっけ?状態だったからさ(笑)達人倶楽部だな。
勇気の花は「空」だったけど、初めて聞いた時は「帰ってきた」と思いました。個人的ですけど。
marさんありがとう。 これからは伺いまーす。
  • posted by ひまわり 
  • URL 
  • at 2008.06/22 20:18 
  • [編集]

mar さん!

今、ブログの方に顔出してきました~(笑)
コメント入れてますんでよろしく!

ところでその後とはいつ頃の事でしたか~?
前に書かれてた様な気がしましたが、やっぱり「とんぼ」以降ですか?

剛はどんどん変化していってますね!
だから正直「ついていけない・・」と思い遠ざかりそうになり、また戻ってくるんですよ俺は(笑)

それから俺も姉の影響で聴きはじめました~!
  • posted by 一刻者 
  • URL 
  • at 2008.06/22 20:24 
  • [編集]

★訪問者各位★

今日はでかけておりまして、コメントたまっちゃって申しわけございませんっ。
でも、ワタシが不在でも、みんなで剛の話で花が咲いてるのを見ると、すごーく嬉しい気持になりま~す♪

こうして話を聞いてると、みんな一時剛から離れて、それでもまた何かのきっかけで剛と再び出会ってるんですねえ。

ではワタシもカミングアウト!
ワタシも実は出戻り組でして・・・。
ドラマに出るようになって、第一次加熱期に突入したわけだけど、自分でアルバムは買わず(買えず)、ひたすら初期のアルバムを全部借りてカセットに録って浸ってたんだな~。

そんな頃、茨城県民文化センターに剛が来るってんで、初めて友達とライブ(コンサートと言ってた)に行ったわけさ!
それが「Heavy Gauge」でございました。
その勢いで「Hold your・・・」に参戦するも、ロック路線になって、なんとなく離れたのでした(笑)


その後、「LIVE89 昭和」で無事ライブ復活をとげ、この素晴らしい世界に戻ってまいりました~♪
もう離れることはないですよ。西村公朝先生に誓って!

これからも剛は変化し続けると思うな。
その変化=進化に、自分も負けずについて行きたいです。

剛、バンザーイ! 剛ファン、バンザーイ!
  • posted by レンゲ 
  • URL 
  • at 2008.06/22 21:09 
  • [編集]

【長渕というサムライ】

『ライセンス』から『キャプテン』までの6作品は俺の青春時代前半でありました。

『キャプテン』の宗教くさい感じと、歌い方が『長渕のモノマネをしている人』みたいになった瞬間、
長渕はこれから一体どこへいくのか…。
でも俺は応援しよう!と思った矢先の『麻薬事件』でした。

なんだか心をグッサグサに切り刻まれた気分とやるせなさで長渕をまともに聴けなくなったんですよね。
でも以前、レンゲちゃんが言われていたように、長渕もまた『一匹の男』だったわけで。
より人間くさい人間として成長している長渕を見習っていこうと思うわけです。

色んなミュージシャンがいる中で、ここまで魂をゆるがす言霊を吐ける歌手は日本にはいないと思います。

だから自分の人生のなかで、長渕を好きになれたしあわせを感ぜずにはいられません。

ひまさんが、『空で帰ってきたな!って思った』と言ってましたが、
まさに俺は『勇気の花』を聴いて戻れた。
『カモスタ』のLIVEを見に行こうって思った。
そしてみんなに出会えた。
素晴らしいね。
素晴らしいよ!
ここ1年、長渕を聴かない夜はない。
長渕を歌わない日はない。
俺も、これからどうなろうと死ぬまで長渕を聴くんだろうな。
『お釈迦様』みたいな曲ばっか歌うようになったとしてもね(笑)
  • posted by ローディー♪ 
  • URL 
  • at 2008.06/22 22:08 
  • [編集]

★ローディー♪ちゃん★

宗教くさい感じ、ワタシ的にはたまらんのよねぇ。
そして、イケナイことしてた頃って、その頃はものすごい存在感を醸し出していて、アーティストとしては最高だったように思うんですよ。

それって、やっぱりカリスマと呼ばれる男であるが故の、想像を絶する恐怖だとか、誰にも理解できない孤独・・・そして曲を生み出す苦しみだとか、そういうものを抱えていたからこそ、近寄りがたい凄みとオーラがあったのだと思います。

彼も一人の弱い人間であったのです。
過ちはあったかもしれないけど、そこから見事に自分の足で這い上がり、再び今の場所まで上り詰めた長渕剛という人間を、素直に尊敬しています!

あの過ちがなかったら、もしかしたら今の長渕剛はなかったんじゃないでしょうかね・・・。逆にもう消えていたかもしれないとさえ思います。

ローディー♪ちゃんと同じく、長渕剛を好きになれた幸せを感じずにはいられませんよ。
  • posted by レンゲ 
  • URL 
  • at 2008.06/22 22:26 
  • [編集]

言う事ないよ

以下同文!
Stay~Captain(頂点)
事件~侍 (苦しい時) 空~カモスタ(新時代)
でも苦しい時でも家族の様ないい作品あったね。
俺の捉え方
頂点極める(社会的)
苦しい時(本物になる) 新時代 (人生の謳歌)
になります。
剛ありがとう皆ありがとう!
  • posted by ひまわり 
  • URL 
  • at 2008.06/22 22:43 
  • [編集]

一刻者さんへ

一刻者さんはお姉さんの影響だったんですね!
その後というのは、ドラマでは「とんぼ」、アルバムでは「昭和」辺りから以降です。
ただ、兄が家から出ていくまでは、兄がずっとアルバムをかけていたので、アルバム「JEEP」「JAPAN」までは兄の部屋から聞えてくるのを聴いていました。
当時18歳頃の私は、パイナップルヘアの気さくなお兄ちゃんのようだった剛氏が、「怖い人になってしまった、変わってしまった…!」と思い込んでいました。
本当は大事なところは何も変わっていなくて、ずっと精神は同じだったんだということに、当時18歳頃の私は気づかなかったんですね。

アルバム「Captain of the Ship」からまったく聴いていなかったことになりますね。このアルバムが目茶苦茶素晴らしかったのに、当時の自分に「もったいない」と言いたいです。
  • posted by mar 
  • URL 
  • at 2008.06/22 23:10 
  • [編集]

うん、同じくいう事ない。

レンゲ姐さん&弟君達の意見と同じやね。
俺のブチヲタではない友人が言ってた「そこまで好きになれる歌手がいるなんて羨ましい、お前幸せやな~」って。

これからも聴き続けるよ俺も。
俺の葬式には剛の唄を流してくれと言ってあるし・・(誰にや!笑)
  • posted by 一刻者 
  • URL 
  • at 2008.06/22 23:15 
  • [編集]

marさん

了解です。俺の姉もヤクザな剛は見たくないといって離れてしまって。でも少しは気になってたみたいやね(笑)
俺は今、姉に「鶴父」聴かせてやりたいな。(絶対泣くと思う。姉は一番泣き虫なんでね)

「とんぼ」以降の剛は俺達「男」からしたら、痛快な部分もあったんでね。ハラハラしながらも好きだった。ただあの頃の剛はそうとう辛かったんではないかなと思うね。カリスマって呼ばれて・・歌手「長渕剛」と日常の自分とのギャップもあったんではないかと。

とまあそういう事で(笑)!またブログ訪問しまっさ~!
  • posted by 一刻者 
  • URL 
  • at 2008.06/22 23:30 
  • [編集]

【ネギ坊主から坊主頭への瞬間、その時歴史は動いた】

ロックテイスト時代の剛はあまり好きじゃないんですが、
その当時のドラマとかは欠かさず見てました。
気さくなあんちゃんも好きだったんですよ。
Good-bye青春とか孤独なハートあたりは俺の姉も聴いてました。
中学時代に(すでにライセンスは出てた)、『ホールドラスチャ』のミュージックテープ買ってきたら、『ウェーキャップイッツァモーニン』を姉は気に入ってたんですよねぇ。
その後の『とんぼ』とかはあまり好きじゃなかったようで、
やはり女からの視点と男からの視点は若干ちがうようで、
一刻兄と同意見でヤクザな剛が俺は好きでしたね。
ただ、一瞬、『親子ジグザグ』から『とんぼ』への様変わりは、正直、『え?これが長渕?』とは思いましたけどね。

  • posted by ローディー♪ 
  • URL 
  • at 2008.06/23 09:17 
  • [編集]

顔も名前も話した事もない過去現在未来の方々へ

・・・どうしても、どうしても!一つだけ!!言っておきたい事がある!
この「誰に対してでは決っしてない」この文章は
削除してもらって構わない。
それは何かと言うと、長渕ファンに対する「固有概念」である。
時折耳にするこの「捉え方」は、「話に入りずらい」、「ガチガチの考え方」、「固定概念」、「信者」などのマイナスイメージに取られている様に感じる時がある。
しかし、私は全くそうは思いません。確かに表現の自由だし、的確に伝える為には、細かな難しい文章が必要なのかもしれない、哲学的な文章や、はぐらかし的な文章までも。表現の自由とは言いますが、他を不愉快にしてまで自由を勝ち取ろうなんて、更々微塵も思った事などありません。
「普遍」と言う言葉が出たのですが、やはり人それぞれで捉え方が違いますね。ここに、???といつも思うのです。少し前に出た「色即是空」にも言えると思うのですが、対象が漠然と広い為に一見違う事の様に思うけど、実は皆、同じ事象を違う視点から表現しているだけで、詰まりは同じ事を言っているんじゃないかと。「普遍」個人的な意見ですが、それはまさに「人間の暮らし、日々の営み」そのものの様な気がしてなりません。
私はここの管理人ではございませんが、「剛ファン」以外の方の御来場が例えあったとしても、ここに「今」集っている中の誰一人「拒絶」などする様な「ちいせー」人などおりません。誰対象として言っている訳ではありません。そして長渕剛が「動く動かぬ」によってここを「離合集散」する者など、今現在、ここにはいません!!
先に誰か言ってありましたけど、長渕剛をきっかけで出会い、その人の奥にある何か感じる物がそこにあれば、その部分こそが「絆」であり、ファン関係無しのもともとのそれぞれの原点である「ザ・人間」同士の繋がりであると・・・断言します!
一度だけはっきり言っておきたかった。
たった一人の男のケジメのつけ方として。
以上
  • posted by ひまわり 
  • URL 
  • at 2008.06/23 13:00 
  • [編集]

【ひまさん】

確かにあった事もないんだから不思議なコミュニティだ。
昔はこうゆうすれ違いはありえない世の中だったのだからね。

しかし時代の変化に応じて、たまたま『長渕ファン』って事で互いにレンゲちゃんを通じて語り合える事が出来た。
文字だけで、感情を互いに拾い集める。
これほど不思議な空間は他にないわけですが、
このブログの向こう側にいる仲間を、俺は愛してやまないわけです。

いつの日か逢うかもしれないし、一生逢わないかもしれない。
だから、いつ逢ってもいいように、恥ずかしくない自分でありたいし、
そうなるように努力しようと思うわけです。

いつの日か逢うかもしれないナイスマイフレンドの皆様へ。

  • posted by ローディー♪ 
  • URL 
  • at 2008.06/23 13:19 
  • [編集]

ふふふ♪

そうだね。君の様な男と繋がりを持ててる事に対して、俺はそれを誇りに思いたいんだな~きっと。ここに居る人は、「長渕が好き」ただそれだけの人じゃ~決してない。それこそ、各々の人生の中でいろんな想いをそれぞれに経験して、尚且つそれらを血肉にして来たからこそ、感じられる「何か」。その「何か」を共有する事のできる皆を愛して止まないのです。
ま~そんな所です♪
先程の文章は独り言さ♪
ローディー♪愛してるよ~。Nice my Friends へ
Sだぞ~S。(笑)
  • posted by ひまわり 
  • URL 
  • at 2008.06/23 18:02 
  • [編集]

★marさん★

ワタシ、「Captain・・・」のアルバムの中でも、タイトル曲を聞いたときの衝撃ったら、なかったよ!
まるでビンタをくらったみたいだったなぁ・・・。

それまでも剛の曲は好きだったし、いつも励まされたりしていたんだけど、この曲はそんな甘っちょろいレベルじゃなく、自分の中の何かがはじけたような感覚。

お前がやれ!お前がどう動くかだ!生きて生きて生きまくれ!!
完全にやられました。
こんな曲を書ける剛・・・唯一無二の存在。
  • posted by レンゲ 
  • URL 
  • at 2008.06/23 21:09 
  • [編集]

★一刻者さん★

一刻者さんの友達が言うとーり、ワタシ達は幸せ者なのでーす♪
「葬儀には剛の歌を!」ってのは、実はワタシも言った事ある(笑)

一刻者さんのお姉さんは、ヤクザな剛がダメだったの?
女性はそういう人が多いみたいだけど、ワタシは「とんぼ」や「しゃぼん玉」時代の剛、好きだなぁ~♪

ドラマでも映画でも、ちょっとでも手を抜く事を許せない剛は、他の人から理解されない部分も多くて、きっと苦しい時代だったと思うよね。
世間ではカリスマと呼ばれても、そばに本当に理解してくれる人はいなくて、孤独な時代だったのではないかな・・・。
そういう苦しみから、たくさんの素晴らしい歌たちが生まれたのだと思いますけどね。
  • posted by レンゲ 
  • URL 
  • at 2008.06/23 21:17 
  • [編集]

★ローディー♪ちゃん★

ワタシもロックテイスト時代は、ちょっと離れておりました。

ワタシ、お姉さんの話とか聞いていると、どうやら男性陣と近い感性のような気がするわ~。
「とんぼ」時代とか、めちゃめちゃ好きなんですがw。
確かに「親子シリーズ」からの変貌っぷりには仰天しまして、ネギ坊主が坊主頭になったのには ぶったまげました!


会った事もないのに、これだけ共感できて、語り合えるというのも不思議なモンですよね。
たまたまここをご覧になって、たまたま書き込んでくださったみなさんと、こうしたコミュニケーションがとれるのは、心から嬉しいことです。

「いつの日か会えるかもしれないし、会えないかもしれない」
それでも、大切なワタシの仲間達!
その仲間に恥じない自分でいたいと思います、ワタシも。
  • posted by レンゲ 
  • URL 
  • at 2008.06/23 21:27 
  • [編集]

★ひまわりサン★

情熱男の熱きコメント、じっくり読ませて頂きました。
長渕ファンに対する固定概念・・・それって確かにあるように思うよね。「長渕信者」という言葉も生まれましたからね。
ワタシ自信は、「信者で上等!」なんですが(笑)、そういう見方をされることに不快感を持つ人もいますよね。
少なくともワタシは「長渕のする事なら全てOK」というスタンスとは違うし。

同じファンの中にも、色々な考えや捉え方があっていいと思うし、それは当然で、どれが間違いだとか、どれが正しいだとか、そもそも論ずるものではないと思うよね。
みんな違っていいんじゃないか・・・と。
そして「そんな捉え方もあるんだな」と、そこからまた自分自身の考えが膨らんでいくこともできる。


「剛ファン」以外の方の御来場がを拒絶なんて、ここにはいない──うん、その通り♪いい事言ってくれてありがとう。

出会いのきっかけは長渕剛であっても、あとはお互いの本質の部分だよね。

もっと大事な事は
互いの付き合いが 一流かどうかってことだろう?
I Love you そうだろう?
I Love you きっとそうだよね・・・・
  • posted by レンゲ 
  • URL 
  • at 2008.06/23 21:45 
  • [編集]

NoTitle

喋りが好きな女のホホを~♪
冷めたキスで塞ぎながら~っとくらあっ
http://jp.youtube.com/watch?v=puBshbty4iU
  • posted by 柑橘系 
  • URL 
  • at 2008.06/23 21:56 
  • [編集]

★柑橘系さん★

えええ~っ。・・・ひょっとして、まだジュリーに加熱中っすか(爆)
それじゃ本当に「ジュリーがライバル」by石野真子じゃないですかっ。

確かにかっこ良かったけどね~♪
うちの死んだバアちゃんは、ジュリーが歌ってる時に騒いでると、メッチャ怒るくらいにジュリーが大好きだった。
  • posted by レンゲ 
  • URL 
  • at 2008.06/23 22:19 
  • [編集]

NoTitle

ひょっとして、こちらの方ですか?
http://jp.youtube.com/watch?v=9NC9bXidsYw
  • posted by 柑橘系 
  • URL 
  • at 2008.06/23 22:42 
  • [編集]

俺も・・

色んな人がここに来てくれれば良いと思うよ!
剛以外の話もしたいしね~(笑)

剛ファンでなくともレンゲさんファンなら、近いものを持ってると思うしね。

さあ皆の熱いコメントも読んだし明日も頑張るかあ!(ケッコウ元気が出るんやで~ここ来ると笑)


  • posted by 一刻者 
  • URL 
  • at 2008.06/23 23:25 
  • [編集]

レンゲさんへ(笑)

「だから俺はお前を~」
を抜かしてるジョン。 ちっちっちっ!そこんとこを抜かしてもらっちゃ~っ!!男は納得出来ない話ですジョン♪・・・「独り言」だから(笑)
コメントありがとさ~ん!よろしく!
  • posted by ひまわり 
  • URL 
  • at 2008.06/24 07:39 
  • [編集]

★柑橘系さん★

そ、それ・・・・!

死んだうちの鶴婆じゃねぇーかよぅ~。
  • posted by レンゲ 
  • URL 
  • at 2008.06/24 21:02 
  • [編集]

★一刻者さん★

( ´_ゝ`)ノ オオキニ~!
ワタシもここでみんなの声を聞いて、元気になれる事が多いよ。

実は明日も憂鬱なことが待ち構えておるんですが・・・
よっしゃ!みんながついてる。頑張るわ~!
  • posted by レンゲ 
  • URL 
  • at 2008.06/24 21:03 
  • [編集]

★ひまわりサン★

あぁ~そっか。
素っ裸のワタシの心に しがみ付きたいのでつね?
(*´Д`)

※独り言を言うようになったら、気をつけた方が良いです。
  • posted by レンゲ 
  • URL 
  • at 2008.06/24 21:07 
  • [編集]

【歴史上の人物“長渕剛”】

視線下方45°の長渕に馴れてきつつ、
しっかり前を見据えてほしいなと思う今日この頃、みなさんいかがお過ごしでせうか。

今日は明け休み。
満喫するためには長渕が必要不可欠でありまして。
裏でも書きましたが、いままさに『カモスタ』上映してます。

『神風』映し出されてます。
この演出、息をのむ迫力ですね。
この映像が歴史に残ってほしいなとつくづく思います。
生まれ変わっても、『長渕』に出会いたい。
『坂本龍馬』に出会ったように。

  • posted by ローディー♪ 
  • URL 
  • at 2008.06/25 11:12 
  • [編集]

★ローディー♪ちゃん★

さっそく冒頭の挨拶でKO負け(笑)

楽しい休日のお供には、長渕は欠かせないよね♪
『カモスタ上映会』は無事に幕を閉じましたかい?

やっぱメインは『神風』ですよね。
何度も言ってるけど、『神風』が見れるってだけでも、カモスタ買った意味はあると思います。

生まれ変わっても長渕に出会いたいね。
長渕のない人生なんて、海老天のってない天ぷらソバだろ。
  • posted by レンゲ 
  • URL 
  • at 2008.06/25 20:31 
  • [編集]

違うよ♪(笑)

そこは、肉が入っていない「肉うどん」だよっ♪はははっ♪それと、僕はこれでも「しがみつく程の柄♪」じゃ~ありませんので~!(笑)「伊達」に情熱男やっとりませんでな~♪
かけました。失礼♪
あ、一応、「いい女」には、しがみつきまーす♪(笑)
もう、すきにしてくれい、も~♪
  • posted by ひまわり 
  • URL 
  • at 2008.06/25 21:55 
  • [編集]

そこはチャーシューの入ってない

チャーシューメンちゃうの?えっ!ちゃうの?ちゃうんか~残念。

なんや~ローディー♪君、竜馬好きなんか!俺もやがな(笑)
「竜馬がゆく」を読んで涙した事がある。
「世界の海援隊でもやりますかな」って言葉は格好いいね!

前に映画で高杉晋作の役を吉田拓郎がやったけど、剛なら誰やろう?竜馬?西郷どん?土方歳三?ん~?
  • posted by 一刻者 
  • URL 
  • at 2008.06/25 23:07 
  • [編集]

【薩摩のぼっけもん】

ストイックな感じが岡田以蔵をイメージさせるんですよねぇ

Wikipediaによると、“逞しい体躯の持ち主で巨漢”とありましたから、
今の剛のイメージとかぶります。

出身の薩摩なら、本来“西郷ドン”と言いたいところですが、
桐野利秋(人斬り系)あたりのイメージですかねぇ。
“ストイックな一匹狼的な人斬り侍”が似合うなぁって思いますね。
  • posted by ローディー♪ 
  • URL 
  • at 2008.06/26 02:27 
  • [編集]

今Wiki見ました。

申し訳ず、あんまり知らないんだけどさ、なんか本当に「英二」っぽいかも。(笑)
辞世の句
「君が為 尽くす心は 水の泡 消えにし後ぞ 澄み渡るべき」
なんか気になるんだけど、俺よくわからん?
「君を想い尽くす心は、全うして消えた後にこそ我が心は澄み渡る」
「君に尽くす心は、消えた後にこそ、この世に澄み渡るべき 志し」?わからないー。ローディー君♪よー、教えてつかーさい。
ちなみに政宗。
「曇りなき 心の月を さきたてて 浮世の闇を 照らしてぞ 行く」
・・・漠然としながらも、考えさせられるんだ~。・・・「辞世の句」ってさ。
  • posted by ひまわり 
  • URL 
  • at 2008.06/26 09:17 
  • [編集]

【サムライ】

ひまサン、俺も詳しくはないんで想像の域を脱しないんですが、
多分、たぶんですが、
『君主のために、我が身を尽くしてきたが、(土佐藩主・山内容堂の命により捉えられ暫首)それも水の泡であったけども
後の世になって我が身の功績が理解されていくだろう』って事じゃないかなぁ。違うかも知れないので、あてにしないでつかあさい。

土佐藩てのが、人種差別のひどい地域だったことから、武市半平太なんかもその差別の犠牲者(山内容堂にいいように使われ、最期は暫首刑)だったりするわけです。(史実はわかりませんが。)

辞世の句は、切なさと武士の魂がこもっているからこそ、心に響いてくるのでしょうね。

俺が好きなのは、吉田松陰辞世の句です。

・身はたとひ
武蔵の野辺に朽ちぬとも
やむにやまれぬ大和魂


  • posted by ローディー♪ 
  • URL 
  • at 2008.06/26 10:40 
  • [編集]

本気でカッコいいわ~♪負けた、負けた、今度ばかりは~♪

へえ。う~ん!これまた渋いす、「吉田松蔭」!
なんか、「辞世の句」集みたいな本を一冊欲しくなりましたジョン。味がありすぎ、本当!
あー、その前に生い立ちがわかんないとな(笑)
興味ある。時代背景とか、時間ある時読んでみる~。ありがとさん~。
  • posted by ひまわり 
  • URL 
  • at 2008.06/26 12:37 
  • [編集]

【オススメ幕末本】

原作・武田鉄矢、画・小山ゆう、の『お~い!竜馬』オススメですよ(´∀`)
わかりやすいし、幕末導入編で読みやすいし面白いし。

あとは一刻兄の言うように『竜馬がゆく』(坂本龍馬)とか『燃えよ険』(土方歳三)、『世に棲む日々』(吉田松陰、高杉晋作)の司馬遼太郎3本柱。いいですよ~♪

辞世の句
高杉晋作『面白き事もなき世を面白く』
その句に愛人が足しました。『すみなすものは心なりけり』と。
晋作は愛人に言いました。『おもしろいのぉ』と。
そして瞼を閉じました。
勝海舟辞世の句
『これでおしまい。』

江戸っ子べらんめぇの海舟らしい句ですね。

勝海舟の談話本『氷川清話』は日本初のインタビュー本じゃないでしょうか。
言葉がリアルに再現されていて『坂本龍馬か。アイツぁ冒しがたい雰囲気をもつ、いい男だったよ』

  • posted by ローディー♪ 
  • URL 
  • at 2008.06/26 12:58 
  • [編集]

幕末?

幕末の獅子達のことは、教科書以外知りませ~ん。人斬り以蔵の事は、去年、初めて知りました(^^;どっちかっていうと、「大奥」の方が得意で~す

レンゲさん、なんかすっごい昔の話題みたいですが、会報を見せて頂いてありがとうございます^^15年前の剛さんの言葉、
ごもっとも・・・流されずに正しく判断できる人間になりたいです。でも、何が正しいって難しいですよね。表裏一体でこっちでは当たり前の事が他から見れば、とんでもないことであったり・・・柔軟性を持ちつついろんな考えを認めて、その中で自己確立していかないといけないんでしょうね~。でも、柔軟性がありすぎると、流されるのかな~?

先日、愛犬を亡くして淋しいところに、新しいペットが増えました~。オオクワガタちゃんで~す←じぇんじぇん可愛くありません(-_-;)
  • posted by なみ 
  • URL 
  • at 2008.06/26 16:34 
  • [編集]

ちょっとばかしの寸劇

爺)オオクワガタ様ともあろうお方が、どこにでも売っておる世の中になろうとはのう・・・、ワシが~小さい頃はのう、そりゃあ山によ~う、カブトムシを取りに出かけたもんじゃ~。コクワガタ、ノコギリクワガタ、ミヤマクワガタ、ヒラタクワガタ・・・そして~、ゲホッ!ゲホッ!!
そ・そして~その中の王様が オオクワガタじゃった~の~♪ずずずずっ!あちっ!お・お茶が熱いのう!なみ婆さんや♪(笑)湯は~人肌位にしてくれと、50年も前からゆうておるのに、50年も連れ添うとるというのにのう♪こまった~婆さんじゃわい!あっはっはっはっは~♪はて?何の話じゃったかのう?わすれてもうた♪(ローディー♪君しっかり参考にするからね!遊び心が疼きよる♪)あ!ところで婆さんや~、ワシの入れ歯は、どこじゃったかのう?忘れたわい???
  • posted by ひまわり 
  • URL 
  • at 2008.06/26 17:57 
  • [編集]

続・寸劇

あのオオクワガタは寺子屋の先生が幼虫の頃から愛でていたのが孵化して・・・・・あ!ひま爺さん、話の途中なのに・・・また、村はずれのレンゲ婆さんのところに一杯ひっかけに行ってしまったわ。レンゲ婆さんを口説けないように、入れ歯を隠しておいたのに・・・<`ヘ´>悔しいから、もっとお茶を熱くして、雑巾の絞り汁でも入れてやろうかしら・・・・もう、こうなったら、なみ婆もイケメン揃いの蛇兄図村に行っちゃうから!
  • posted by なみ 
  • URL 
  • at 2008.06/26 20:52 
  • [編集]

にゃんだ婆さん♪続きだよ

ど・どうりでのう~♪な~んか機嫌がわるかったもんな~婆さん!ぺっぺっ!!まさか雑巾かいな♪うぇ~っ!あのな~、なみ婆さんや♪村はずれのレンゲ婆さんはよ~、おっかね~くせになぁ、気風がよくて綺麗でなぁ~♪このひま爺さんも危なくの~魔がさす所だったんじゃが!入れ歯も入れずに口説くんじゃないわよと言われ戻ってきたんじゃ~♪それはいったん置いといて、婆さんよ、その蛇兄図村って~よ~、あの女っタラシで有名な一刻じいさんとNo.1ジジイのろうじぃ~♪とかゆ~やばい奴らが一杯おる~らしいでぇの~。いかんでくれ~!口説かれるじゃろ~、婆さんの「なみは~♪」は男の爺心をくすぐるでなぁ~♪心配なのじゃよ♪このひま爺さんはのう~「いいかい男はどんな時でも~浮気~の一つ位~♪誰でも持っているものさ~納得できないだろが~♪でもね男は心の奥にしまってるものだよ~♪1番大切な者だけ~わかるね~それが「婆さん」さ~♪」という歌がその昔あってのお~、爺さんも昔は「情熱男」なんて呼ばれておったもんじゃ~♪懐かすいの~♪なみ婆さんがよ~居てくれるでのう~レンゲ婆さんを口説きたいんじゃけどの~口説けない(といいつつ口説く気まんまん♪)婆さんや~、入れ歯返してくれんかの~(笑)歌の通りだから~♪
  • posted by ひまわり 
  • URL 
  • at 2008.06/26 21:48 
  • [編集]

★一刻者さん★

映画で拓郎が高杉晋作をやったって?
へー、そうなんだ!?こりゃびっくり。映画に出ていたこと自体、知らなかった。

そうねえ、剛だと・・・
有名ドコロは頭の中に教科書のイメージができあがっちゃってるからなぁ~。

やっぱ、強く気高い、名も無き一匹のサムライがいいかな~。
  • posted by レンゲ 
  • URL 
  • at 2008.06/26 22:01 
  • [編集]

ローディー♪さん

おひさしぶりでございます。
自分は高知出身で、坂本龍馬や中岡慎太郎、武市半平太(瑞山)などといった幕末の志士を身近に感じながら育ってきました。
ローディー♪さんは、結構、幕末に詳しい様子ですが、一つ訂正しますと、土佐勤王党盟主の武市半平太は暫首刑ではなく、切腹を命じられて生涯を終えています。
介錯人の証言によれば、武市は腹を三文字にかっさばくという壮絶な最期を飾ったようです。
幕末京都における数々の佐幕派要人暗殺の黒幕という暗いイメージもありますが、「人望は薩摩の西郷隆盛に匹敵し、謀略の上手さは大久保利通に匹敵し、人間的感化力は長州の吉田松陰に及ばずとも似ている」といった趣旨の司馬遼太郎の評通り、土佐勤王党の志士達は勿論の事、長州の久坂玄瑞ら他藩の勤王志士達からも尊敬を集めていた凄い人物だったようです。
薩摩や長州とは事情が異なり、関ヶ原の合戦後、徳川幕府の恩恵を受けた事により、藩の上層部では佐幕派が主流だった土佐にあって、土佐の勤王倒幕運動の草分け存在の役割を果たした事で、地元では今も尊敬されています。
この人がいなかったら、坂本龍馬の活躍も無かったわけなんですね。
個人的な事情により、これからは書き込みができる日が減っていきそうですが、コメントは書けなくとも、毎回のブログ更新は楽しみにしております。
今日のように余裕が出来ればコメントもさせて頂きますので、宜しくお願いします。
  • posted by 健四郎 
  • URL 
  • at 2008.06/26 22:11 
  • [編集]

★ローディー♪ちゃん★

ワタシも以蔵氏について、Wikiってみました。
「人斬り以蔵」と呼ばれた幕末四大人斬りの一人ですか。

なんだか嫌われ者みたいな人生で、しかも最後が「晒し首」ってのがせつないな・・・。


辞世の句かぁ・・・死に際に歌を読めるってだけでもすごいよね。
勝海舟辞世の句 『これでおしまい。』
潔くてかっこいいな!

「死にたくな~い!絶対やだよ!生きてやる~っ!」
などとみっともない辞世の句を読まないよう、気をつけまーす。
  • posted by レンゲ 
  • URL 
  • at 2008.06/26 22:12 
  • [編集]

★なみちゃん★

メンズは幕末好きが多いみたいですが、ワタクシも同じく、「大奥」のドロドロ感の方が得意で~す ♪

昔の会報、いいでしょう?
こうして見てみると、15年前も今と変わらぬスタンスで生きていたのだということが、改めて伝わってくるよね・・・。

いつでも「自分」と言うものを、まずはしっかり確立しないと、本当に大切な物は何か?何が真実か?ということを見分けるのが難しいのではないかと思いますよね。
「自分」を持っていれば、時代や流行に流されることはないんだろうけど、だからといって、あまり我を通せば疎まれる世の中で・・・。でも、本当に大切な物が何か?という判断を誤らなければ、自ずと人を許す事も出来てくるのかもしれませんね。

新しいペットとして、数あるペットの中から、なぜに「オオクワガタ」が選出されるに至ったのか・・・・?
その経緯が非常に興味深いところでありますね~!

それを増やして金儲けして、BIGになってやろうとか、そういう未来予想図もひっくるめてだよね?

オオクワガタ飼う理由・・・それしか思い当たらねーよ(笑)
  • posted by レンゲ 
  • URL 
  • at 2008.06/26 22:27 
  • [編集]

★ひま爺さん★

ちょっと~その寸劇・・・ウケたww。
 ヒマ(^Д^)人(^Д^)ナミ
なみちゃんと二人で、君ら何してんねんっ(笑)

なんか、あたしゃ熱出てきましたよ・・・・(^_^;)

「蛇兄図村」←これが「ジャニーズ村」だと気付いてしまったワタシって・・・
かなりの なみちゃんヲタクですね♪ (*´Д`)
  • posted by レンゲ 
  • URL 
  • at 2008.06/26 22:33 
  • [編集]

★健ちゃん★

健ちゃんって、ひょっとして、あの松浪の健ちゃんか~い?
お久しぶりですねえ~♪
もう謹慎も解けたというのに、お忙しいみたいですね。


なるほど、健ちゃんもさすが高知出身だけあって、お詳しいですね。
武市とやら、 全く存じませんけども、
「人望は薩摩の西郷隆盛に匹敵し、謀略の上手さは大久保利通に匹敵し、人間的感化力は長州の吉田松陰に及ばずとも似ている」これを見ると、男の中の男とも言えるような、かなり魅力的な人物像が浮かび上がってまいりますね。
切腹で自らの腹を三文字にかっさばくとは・・・!!これが事実だとすれば、ものすごい人物ですね。

お忙しいみたいだけど、元気そうで良かった。
またいつでも顔を出してくださいね♪ありがとう!
  • posted by レンゲ 
  • URL 
  • at 2008.06/26 22:43 
  • [編集]

幕末・・

皆好きやな!幕末とか戦国時代ってなんか熱くなるよな!

健ちゃん久しぶりやね!また一緒に剛や他モロモロについて語ろうぜ~。

ひま爺さん&なみ婆さん・・あんたら、おもろすぎ~(笑)
しかし負けてられへんなあ!ろうじぃ~さん、レンゲ婆さんや~!

んじゃ俺は自省の句でも詠むかあ・・
「寂しさに~夜の盛り場繰り出せば~諭吉が消えて野口のみぞ残る~」
~一人身の寂しさにネオン街をさ迷い歩く日々。ふと気付けば財布の中が千円札のみ・・。いったいいくら使ったのか?ひと時の楽しさに浸ってる場合じゃないよなあ・・という解釈で(笑)
  • posted by 一刻者 
  • URL 
  • at 2008.06/26 23:26 
  • [編集]

★一刻者さん★

メンズってやっぱりなぜか幕末好きなんだよね~♪
一番アツクてドラマがある時代だからね!

いやいや、一刻者さんも、全然ひま爺となみ婆の寸劇に負けてないから(笑)
自省の句、上手過ぎww。

最後の「野口のみぞ残る」に、飲んだくれた翌朝、むくんだ顔で財布を覗いたときの侘しさがよく表れている傑作!

今、雨トークを見てたら、チュートリアル徳井がラジカセを買った理由が「長渕の壮大な曲を聞きたいから」だったってことで、ちょっと笑ったことを、申し添えます。
  • posted by レンゲ 
  • URL 
  • at 2008.06/26 23:38 
  • [編集]

【マッチ!!】

松ちゃんご無沙汰だねいっ!!

武市半平太は、そうだった、腹をかっきって壮絶な最期を遂げたのでしたね。

白旗郷士としての意地を貫いた武市半平太。

高杉晋作は三味線ひきながら三千世界の~カラスをころし~
おぬしと寝てみたい~
と。

幕末モノにはまっていたのも結構経つので、忘れたりしてるのもあるなぁ。

では、吟じます。

合コンの席で~~えぇえ~~えぇええぇえ~

下ネタを繰り出した時~~~いぃい~い~

女の子の反応が~あぁあ~あ~
わりとウケたら~あああ~ぁ~


なんだかいけそうな気がするーー

あると思います。

by天津木村

  • posted by ローディー♪ 
  • URL 
  • at 2008.06/26 23:47 
  • [編集]

四兄弟!

最初に、健四郎君久しぶりだな~(笑)俺達いつでも待ってるかんな!四男坊はお前だジョン! 忘れるなよ~!
それと兄貴!うますぎますよ♪だって映像が見えましたもん(笑)
なんかね寸劇楽しいわ!!今度みんなで舞台だけ決めてアドリブで寸劇したい♪なみちゃんもしたいでしょ?やってみたらわかるわ~楽しいわ文章より楽しいかも。(笑)
みんなでしたいな!
村はずれの美人ママレンゲ婆さん
女たらし一刻じいさん
(ごめんね兄貴)
アイドルジジイろうじぃ~♪
駆け込み寺のじじ坊さん フクじいや
隣のバサマ仁子婆さん
魚屋の婆さんにゃ~ば~ アメリカ帰りのじゃぱじじい♪
あ~眠くなったから寝ます~♪
健四郎君はじじいじゃないなイメージ的に笑
おやすみ
  • posted by ひまわり 
  • URL 
  • at 2008.06/27 00:08 
  • [編集]

★ローディー♪ちゃん★

おっとゴメ~ン。
こんなところで、吟じていたとはっ(笑)
気付くの遅れてスイマセ~ン!

でも、
>なんだかいけそうな気がするーー

それは・・・

「ないと思います(キッパリ)」
  • posted by レンゲ 
  • URL 
  • at 2008.06/28 21:11 
  • [編集]

★ひまわりサン★

ひまわりサン、ほんっと寸劇好きやな~(爆)!
ひまわりサンのの寸劇好きは、「ひまサン」の時に十分わかったけどねw。

美人ママはいいけど、なんでいつも、場末とか村はずれなんっすかねえ・・・(´・ω・`)

寸劇はでいないんで、こうなったら久々に
ド゙ドパドやっちゃうぞ~!行くぞ~!

ヘイ!エビバディセーイ!

/( ◆g◆)/”☆ドドパドドドパド・・・
  • posted by レンゲ 
  • URL 
  • at 2008.06/28 21:14 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

メニュー

Tsuyoshi Nagabuchi

Official Web Site

 

プロフィール

野々咲 レンゲ

  • Author:野々咲 レンゲ

  • バツイチ、子なしの長渕ヲタです。
    気分がのったりのらなかったり・・・

    苦情・メールは menu3からドゾー。




檻の中にいるヨーソロー

現在の閲覧者数:

魂を売ったヨーソロー

★2007年からのご来場者数★

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のコメント

最近の記事

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。